第19回革命:エネルギー自治に向けて ドキュメンタリーArte Thema:違ったエネルギー

5月の2011では、Arteは テーマ「そうでなければエネルギー」 その主なレポートのビデオは次のとおりです。 「第4次革命:エネルギー自治へ」.

化石エネルギーとその代替案の課題に関する特定の主人公の言葉によって非常に完全で非常に興味深いドキュメンタリー。

見たりレビューしたりするためのドキュメンタリー。

詳細:
- ビデオの残りを見る
- テーマの議論:エネルギーの違い
- ThemaのArte.tvページ

第四の革命:エネルギー自治に向けて

Carl-Aによるドキュメンタリー。 Fechner(ドイツ、2010、1h22mn)

このドキュメンタリーは、気候変動に関する悲観的な警告を超えて、今後30年間で解決策が再生可能エネルギーに切り替えることが可能であることを示しています。 地球上のさまざまな地域で、この映画は化石燃料や原子力の放棄や再生可能エネルギーへの移行を可能にする具体的な行動をとる人々と出会います。 たとえば、請負業者は、1平方メートルのエネルギー消費あたり年間わずか2ユーロのコストでオフィスビルを設計する方法を説明しています。 電気自動車、ソーラーパネル、風力タービン、バイオガスタービン、これらの技術はすでに実用的で効果的な用途があります。 そして、エネルギーの貯蔵や交換の問題は、ますますよく解決されるでしょう、とHermann Scheer、ドイツの代理人、Nobelの代替1999そして「エネルギー自治」の他の著者のような専門家は言います(Actes Sud、2007) 。

また読みます: パントンエンジン:Vitry-sur-Orne市庁舎で水をドープしたC15

この映画の監督は、2010でドキュメンタリー部門で最も多く登録されていますが、この映画の監督もすべての人にフロアを譲ることを望んでおり、AgencyのチーフエコノミストであるFatih Birolの意見も受けたパリに本社を置くInternational Energy。 彼にとっては、再生可能エネルギーの支持者は素朴です。 彼らの言葉では、ほとんどの人が自分たちのプロジェクトの非生態学的問題を十分に認識しており、主要な国際エネルギーグループの反対が激しくなることを知っていることをまだ示しています。 これまで以上に、「第4次革命」は政治的なものになり、私たちが本当にそれを望んだ場合にのみ起こるのは明らかです。


以下の部品が利用可能です。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *