シャロンシュルソーヌ、京都よりも良い

ブルゴーニュの京都はシャロンシュルソーヌにあります。 自治体は昨日、Privilègesプログラム(温室効果ガス削減のための都市のプロジェクトイニシアチブ)の下で温室効果ガス排出量を削減するための3年間の努力の結果を発表しました。 そして、この記録は驚くべきものです。3年で[...]

避難したケミカルタンカーの乗組員であるシェルブール沖の2隻の貨物船の衝突

2つの貨物船、バルクキャリアとケミカルタンカーは、1月の火曜日の朝31、シェルブール沖の海峡で衝突しました。 事故では、ケミカルタンカーからの22乗組員の避難が必要でした。 2隻の船が同じ航路をたどっている間に、船上で26 000トンのバルクキャリア[...]

パリでは、自転車で:市庁舎はセルフサービスシステムを研究しています!

輸送を担当するパリの副市長であるデニス・ボーピンは、パリの次の評議会(30および31 1月)で審議して、パリ市民に無料で自転車を提供する市場を立ち上げることを提案します。 「競合他社に革新的なものを思いつく機会を提供したいと考えています。 私たちは…になりたかった[...]

石油の代替としての石炭

フランスの報告書は、石油が放出する温室効果ガスを制御する技術が進歩すれば、石油の代替エネルギー源として石炭の使用を増やすことができると述べています。 続きを読む経済学ノート:おそらくドイツの原子力艦隊に取って代わるために残されるのは石炭です。

新:ドキュメンタリーと映画

「ドキュメンタリーと映画」というタイトルのサイトに新しいセクションを開設。 定期的にドキュメンタリーや映画のプレゼンテーションがあり、作品をダウンロードまたは購入する可能性があります。 まず、次の作品を紹介します。6clonesによるHVBのドキュメンタリー自由エネルギー(ドキュメンタリー)男性の狂気([...]

サーカシビリがトビリシとテヘランのガス協定を発表

トビリシ、1月12日(新華)-グルジア大統領ミルハイル・サーカシビリが金曜日に発表した27または2006 1月から、イランは早くもジョージアへのガス供給を開始する。 Civil.geによれば、Saakashviliは価格も、ジョージアがアゼルバイジャン経由でイランから輸入する予定のガスの量さえも特定しなかった。 [...]

自由エネルギー

Free Energyのビデオからの抜粋(Odyssey 1998)これらのビデオは、メンバーのみがアクセスできます。 メンバーになる方法については、ここをクリックしてください。 以下は、非常に敏感な被写体に関するビデオからの3つの抜粋です:絶対ゼロのエネルギーまたは真空エネルギーとも呼ばれる自由エネルギー。 特定の発明で観察される過剰エネルギーは、自由エネルギーと呼ばれます。 [...]

BlueCar電気自動車

電気自動車BlueCar、24、1月2006、Ergué-Gabéric(29)のロードテスト中に、VincentBolloréは、彼が開発したバッテリーの工業生産のために、カンペールの近くに工場を建設することを発表しましたBatScap子会社(80%Bolloré、20%EDF)。 百の仕事が鍵になります。 道路[...]

携帯電話、危険? すべてのモルモット?

携帯電話、危険? 携帯電話からの電磁波のリスクに関するドキュメンタリー、特にJean-Pierre Lentinは、2000年代初期に制作された波の危険性に関する最初のドキュメンタリーのXNUMXつです。キーワード:リレーアンテナ、携帯電話、危険、健康、予防原則、健康研究。 フランスの主要テレビチャンネル[…]

ダーウィンの悪夢

ダーウィンの悪夢技術情報:フランス、オーストリア、ベルギーのドキュメンタリー映画発売日:02年2005月1日監督:ヒューバート・ソーパーデュレーション:47時間XNUMX分原題:ダーウィンの悪夢概要揺りかごと考えられる世界最大の熱帯湖の岸辺人類の今日、グローバル化の最悪の悪夢のシーンです。[…]

男性の狂気

La folie des hommes Informations techniques : Film français, italien. Genre : DrameDate de sortie : 27 Novembre 2002Avec Michel Serrault, Daniel Auteuil, Laura MoranteDurée : 1h 56min.Titre original : Vajont Résumé En 1959, dans la vallée de Vajont doit être construit le plus grand barrage d’Europe.Commencés à la fin des années cinquante sous la […]