2006年:現代の気象学の歴史の中で最も暑い年のXNUMXつ!

2006年は地球温暖化のみを確認しています。

シドニーでは45月1日に60度以上、北極圏では海氷が000 km2少なくなっています。2006年の世界気象機関の報告では、地球温暖化が確認されています。


2006年は「地球にとって6番目に暑い年、北半球にとって4番目、フランスにとって2番目」であり、WMOの事務局長であるMichelJarraudが宣言しました。 そして2007年には、特に太平洋でのエルニーノ現象のために、さらに高い気温が予想されます。

結果:特にアフリカでは、熱帯の嵐、洪水、干ばつ、そして海面の上昇が増加します。

大きな懸念材料:この冬、この現象は地域的ではなく世界的なもののようです。

したがって、この現象は、地域の汚染、都市の島々、または湾岸河川の混乱(その熱出力は約1万の原子炉などに相当します)とは関係ありません。

また読みます:  東南アジアの汚染によって好まれる北極圏の氷の融解

ソース: OMM et オーストラリアの温暖化。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *