1998 2002 2003と2004:19世紀後半以来最も暖かい年

この記事を友達とシェア:



199819ème世紀末以降、地球全体の平均に最も暖かい年製したエルニーニョ現象と組み合わせて温室効果ガスの排出量は、2002、2003と2004によって降順に続いて、科学者たちは木曜日と述べましたナサ。

"我々は、大気中の温室効果ガス排出量の増加が主な原因これらの30近年明確な温暖化傾向を観察し、「ジェームズ・ハンセン、米航空宇宙局(NASA)のためのゴダード研究所の気候学者が言いました宇宙研究。

2004では、地球の平均気温が14 57で期間中よりも平均で$ 0,48℃(0,86度華氏)または1951°C(1980°F)以上であった、と言いハンセンは、NASAのウェブサイト上で引用しました。

地球の領域はアラスカ、カスピ海地域と南極海であった温度で最大の増加を経験しています。

太陽エネルギー産業からのガスの温室効果 - 特に一酸化炭素の蓄積によって大気中に捕捉され、組み合わさ意識太平洋エルニーニョ現象があっても暖かい年2005を作ることができるautomobiles-より1998、米航空宇宙局(NASA)は言いました。

それは永久にそれらを作る季節一番ホットな影響を与えるように代理店は今温暖化されています。

地球が温まるまたは冷却するかどうかを決定するために、科学者たちは、(気象局による)地上と海面(衛星)で、世界の多くの部分で温度が落ちます。

地球の表面全体の平均温度を確立するように、そして、彼らは中央値温度を算出します。

ソース: AFP


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *