1998 2002 2003と2004:19世紀末からの最も暑い年

温室効果ガスの排出とエルニーニョ現象が相まって、1998年は19世紀末以来、地球上で平均して最も暖かい年となり、2002年、2003年、2004年までに降順で続いたと科学者たちは木曜日に述べたNASAの。

NASAのゴダード研究所の気候学者であるジェームス・ハンセンは、次のように述べています。「主に温室効果ガス排出の大気の増加により、過去30年間に地球温暖化の非常に明確な傾向を観察しました。宇宙研究。

2004年の地球の平均地球気温は摂氏14度(華氏57度)で、0,48年から0,86年までの期間よりも平均で1951°C(1980°F)高い、NASAのウェブサイトで引用されたハンセン氏によると。

気温が最も上昇したのは、アラスカ、カスピ海地域、南極大陸でした。

また読みます: 気候変動:182百万人のアフリカでの潜在的な死

温室効果ガスの蓄積によって大気中に保持された太陽エネルギー-特に産業や自動車から来る一酸化炭素-太平洋エルニーニョの流れと相まって、2005年は、 1998年、NASAは言った。

エージェンシーによると、温暖化は季節を恒久的に暖めることで季節に影響を与えるようになりました。

地球が温暖化しているか冷却しているかを判断するために、科学者は地上のいくつかの地点(気象観測所による)および海面(衛星による)で温度を上げています。

次に、中央温度を計算して、地球の表面全体の平均温度を確立します。

ソース: AFP

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *