パリでは、自転車で:市庁舎はセルフサービスシステムを研究しています!

輸送を担当するパリの副市長であるデニス・ボーピンは、パリの次の審議会(30と31 1月)で審議して、パリ市民に無料で自転車を提供する市場を立ち上げることを提案します。

「私たちは、競合他社に革新的なものを提供する機会を提供したいと考えています。 私たちは、条件について可能な限りオープンになりたかったのです。 (…)私たちの目標は、2007年の夏に自転車配備の第XNUMX段階を実施することです」と彼は言いました。

続きを読みます

また読みます:  藻類燃料油、新しいアメリカの緑の金鉱山労働者

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *