パリでは、自転車で:市庁舎はセルフサービスシステムを研究しています!

輸送を担当するパリの副市長であるデニス・ボーピンは、パリの次の審議会(30と31 1月)で審議して、パリ市民に無料で自転車を提供する市場を立ち上げることを提案します。

「競合他社に革新的なものを思いつく機会を提供したいと考えています。 私たちは、条件についてできるだけ閉じたいと思っていました。 (...)私たちの目標は、自転車の展開の第1段階が2007の夏に実装されることです」と彼は言いました。

続きを読みます

また読みます: Moonliteプロジェクト:ビットコインの環境への影響を減らす

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *