地球上で最大の汚染者は成長を犠牲にしたくない

シドニーの惑星で最大の汚染者の一部を集めたアジア太平洋パートナーシップは、12月XNUMX日木曜日、化石燃料に基づく経済成長を犠牲にすることなく地球温暖化と戦うことを約束しましたが、温室効果ガスの排出。

「開発を継続し、貧困を根絶することが緊急に必要であるという私たちの信念は、私たちのビジョンの中心にあります」と、米国、オーストラリア、中国、日本、インド、韓国のXNUMXカ国が声明で述べました。 -XNUMX日間の会議の後、「クリーン開発と気候に関するパートナーシップ」。 産業多国籍企業のXNUMX人のリーダーも会議に出席しました。 「協力することにより、増大するエネルギー需要と、大気汚染、エネルギー安全保障、温室効果ガスの強度に関連するものを含む共通の課題に、よりよく応えることができます。」絞ります」、XNUMXを続けます。

また読みます: 8月2016ルポタジエデュレイジー、果物や野菜

しかし、「化石燃料は私たちの経済の基盤であり、私たちの生活とその先を通して現実のままです」と声明は述べ、地球温暖化との戦いは経済成長を抑制してはならないことを強調しています。 したがって、大気汚染とガス排出の問題を管理しながら化石燃料を使用し続けることができるように、汚染ガスの排出が少ないクリーンな技術の開発と使用に協力することが重要です。温室」、テキストによると。

続きを読みます

経済学に関する注記:悪意に直面した場合、競争力を損なうのでなければ、京都圏の国々の企業の努力の目的は何ですか?

この意味で、私たちは 「京都税」の実施 「非京都ゾーン」から「京都ゾーン」に輸入されたすべての製品。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *