黒フォルダ再生可能エネルギー

ここでは月2008の科学と生命における再生可能エネルギーの黒のレコードに対する応答です。

ここにある この問題についての議論 次の記事の元になっています。

科学と生命月2008:黒フォルダグリーンエネルギー

このフォルダには、エネルギーの可能性について非常に肯定的な判断を負います
再生可能な特定の技術革新のセクションで3それ釣り
3点について:
-上記と完全に矛盾するタイトル
-残念ながら、この国では「研究-市場」の力学に関する誤解が頻繁にあり、その結果、今日の市場と研究の間であまりにも率直なカットが行われています
含む他の上の産業(1と3部品間の差トーンは非常にこの事実を明らかにしています)
-読者の判断を偏らせる可能性のある特定のデータの疑わしいプレゼンテーションとコメント。

また読みます: CITEPA:フランスの部門ごとの大気汚染

1)タイトル

再生可能エネルギーのプロモーターの位置は2030部分の導入問題によって示唆されるように2050または1によってほぼ全てのエネルギー需要のをカバーするだけであれば、タイトルは、最もよく理解されることがあります。

これは、人(真剣に、私は意味)によって擁護される位置です。 1の質問に答えることができますとしての地位を提示していない可能性のある解決策は本日(核、隔離、省エネと再生可能エネルギーの最終と化石CO2)ということは、本当の問題は、の可能性を理解することであることを示していますそれぞれはまた、供給の安全保障への最良の答えとして認識多様化の文脈で(ERへの私たちの発言の33点を参照してください)。

2)債券市場調査

再生可能エネルギーは一般、特に太陽光発電であるとしてモジュラー文字のコストを低減することは死ぬ次曲線に示すように、漸進的に行われています。 破壊革新、インクリメンタルイノベーション、一連の効果と成功に導くための(技術的および商業的)集計を学びます。 むしろ、例えば、集中型原子力の将来として死ぬ市場に展開する前に、大規模な研究努力の集大成を仮定する。

また読みます: バイオガスの収益性

それは再生可能エネルギーのための産業競争の面で主要な課題であるとして、連続したニッチ市場のコロニー形成は、この場合には無関係です。 この動的は、バランスシートに直接的な影響を超えて、適切なサイズの市場今日を含めてフランスの急速な出現を正当化しています。

これは、太陽光発電のために、デンマーク、ドイツ、スペイン風力発電で、日本やドイツなどでした。 あなたのファイルの3部分に配置された期待に体を与えることをフランスで行うには遅すぎではありません。

研究開発と市場

続きを読むとで終了 右REフォルダ科学と生命はここでダウンロードする回答の

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *