30以降の若いヨーロッパ人の間での癌の強い増加

若いヨーロッパ人では、30年から癌の発生率が急激に増加しています。 成長率は、子供では年間1%、青少年では1,5%です。 「The Lancet」を発表したばかりの国際癌研究センター(リヨン)の研究は、63から19までのヨーロッパ諸国の1970小児科の2001小児レジスターのデータを活用しました。 113.000を小児の腫瘍の例とし、18.243を青年の例とします。 この期間中、治癒率は急激に増加しました。70年では、5年後に2人に1人未満の子供が生存していました。 現在、割合は4人の子供のうち3人です。 環境要因が関係する場合がありますが、他の補足的な説明が時々提示されます。 この研究の著者は、この進化の原因の問題を解決しないように注意しています。 チェルノブイリの災害は、東ヨーロッパの癌の増加の大部分を占めるかもしれませんが、それだけではこの進展を理解するには十分ではありません。 「ランセット」のサイトで研究を読むには(英語で、無料の登録が必要です)、 こちらをクリック.

また読みます: ニームの噴水

アントワーヌ・ブルエ

ソース: www.environ2b.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *