銀行と金融危機:GérardMermetによる新聞LeMondeの経済学

有名な社会学者ジェラルド・メルメットは、数日前に新聞Le Mondeで私たちの社会、特にフランスについて非常に鋭い記事を発表しました。

現在の開発モード(純粋に消費と「成長」に基づく)の代替としての「経済学」という用語がそこで言及されています。 これは、私たちの知る限り、ルモンドのような主要な新聞の最初のものです。

記事の紹介は次のとおりです。

「金融バブルが爆発し、貧困、飢餓、不平等が世界に広がりつつあると同時に、地球が劣化し、資源が限られており、生きている種の生存がそうではないことを認識しています。より確実です。 私たちを含む。 それにもかかわらず、この前例のない困難、制約、脅威の組み合わせは、世界を変革し、そこでより良く生きるための歴史的な機会を構成します。 フランスは、必要に応じて、この戦いの最前線に立つことができます。 「」

ジェラルド・メルメット
世界の政治的影響力と古典主義を知っている記事の「トーン」に(明らかに良い意味で)驚かれることでしょう。

また読みます:  レヴュー·ド·Presseに

「私たちがXNUMX年間生きてきた、そしてますます恩恵を受けていない人々を満足させる消費者社会のモデルを再発明するのに、これほど好機はありませんでした。 確かに、支出のレベルと満足のレベルの間にはかなり弱い相関関係があります。

消費は、増大する存在の空白を埋める方法である慰めの探求に似ています。 と、鍵、多くの欲求不満と少しの罪悪感は、生態学的な意識によって増加しました。 「」

読むMonde.frの記事

上の議論 forums: 銀行と金融の危機に長生きする?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *