燃料電池システムにおけるコスト低減を有します

3社(FuMA-Tech GmbH、SGL Technologies、CEAG AG)と2つの研究機関(Forschungszentrum JulichおよびZSW)は、6月から2003の低コスト燃料電池システムの開発に密接に取り組んでいます。 連邦経済労働省(BMWA)が支援する3年のプロジェクトによると、彼らは市場で競争力のあるエネルギー生産ユニットを投入できるはずです。

プロジェクトの最初の半分の間に、新たな材料はすでに開発に成功しており、製造膜及び燃料電池用セパレータのプロセスが経験しました。 プロジェクトの後半は特に感謝を貯蓄やシステムの簡素化の材料を持って、生産コストの削減に焦点を当てます。
SGL Technologies GmbHによって開発された新しいグラファイト材料は、緊密に協力してテストされています。 これらは、燃料電池のスタックメーカーの標準に合わせて製造され、正常に統合されています。
FuMA-Techは、高分子膜燃料電池(PEMFC)の効率を高める特殊な薄膜膜も製造しています。 これらの膜は直接メタノール燃料電池(DMFC)で使用するためにカットされているため、材料コストを削減しながら
電池の性能を向上させます。
これらの新しい材料に基づいて、新しく改良されたユニットが製造され、新しいスタック構造が研究センターで開発されテストされました。

また読みます: 汚染物質排出登録簿の更新

コンタクト:
-ベルントバウアー博士-FuMA Tech GmbH-tel:+ 49 6894 9265 0-
http://www.fumatech.de
-ノーバート・バーグ博士-SGL Technologies-tel:+ 49 8271 83 2458-
http://www.sglcarbon.com
-Dr. Alexander Dyck-CEAG AG-電話:+ 49 2532 87 501-
http://www.ceag-ag.com
-ルートヴィヒ・ヨリセン博士-ZSW-電話:+ 49 731 9530 609-
http://www.fuellcelles.de
-Hendrik Dohle博士-Forschungszentrum Julich FZJ-tel:+ 49 2461 61 6884
-
http://www.zsw-bw.de
ソース:デペッシュ・IDW、研究センターのプレスリリース
Julichの、13 / 12 / 2004
編集者:ニコラスCondette、
nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *