ディーゼルエンジンの水噴射の歴史

最初のエンジンエンジニアによるエンジンへの水の注入の履歴(すでにすべてを理解している!)

キーワード:エンジン、水、噴射、性能、汚染、CO2、消費、 ルドルフディーゼル, ピエールClerget, ポール・サバティエ (化学者およびフランスのノーベル賞)、 イヴァン・マホニン

内燃機関への注水の歴史

最初のディーゼルエンジンの発明者、私たちだけが賞賛できる発明者による、高圧縮エンジンへの水噴射の仕事を提示する文書。

それは間違いなく、1920世紀を通じて一定である燃料価格の上昇であり、有名な「水エンジン」の噂を引き起こしました。これは、石油化学産業がガソリンエンジンとその有利な燃料、ガソリン、またはプレミアム燃料を殺さないでください。 この海の蛇はXNUMX年代から流通しており、マスコミによって定期的に維持されており、現在ではその放出がますます科学的および技術的レベルになっているテレビ(およびインターネット)によって維持されています...

.pdfでフォロー

また読みます: ダウンロード:UQARでのPantoneエンジンの研究

ダウンロード


ここをクリックして.pdfをダウンロードしてください(17ページ、3,5 MB)

コメントと分析

クリストフ・マルツがこの文書について、そして彼自身の経験に従って行ったさまざまな発言を以下に示します。

  • ページ3)右上で、注水による約30〜35%の節約について話している。水ドーピングの取り決めによって見つかった結果。
  • ページ3)右下:ドキュメントはOPECについて説明していますしかし、OPECは1960世紀の初めには存在しませんでした。 1973年に作成され、XNUMX年以降に重要になりました。したがって、これは歴史的な誤りです。
  • ページ5)左下、20erガソリンエンジンの1%の歩留まり。それは、20%が80年代と90年代に私たちが持っていたものであり、現在...当時は10〜15%だったからです。これらの表では低い(高圧噴射前のディーゼルエンジンと同じ)。特に当時の燃料は現在のものと同じ品質ではなかったため。
  • 6ページ)左上:水を分解するガス化装置…ホットカーボンとの反応により
  • ページ8)左中:飲酒するアルコールに対する税金=エタノール その後、著者はベンゾールについて話します...ナンセンス。
  • ページ9)左下:250 g / cv.hのホワイトシェール…ホワイトシェールの発熱量はどのくらいですか? 現在の特定の消費量と比較できるようにするため
  • ページ11)凡例画像左。 引用:「GOで、力を
  • 14 cvおよび出力0.23。 GO-water、出力23 hp、0.60出力、またはhpあたり225 GBおよび22グラム(何?水?)のCS»225グラムでは60%の利回りが得られないか、当時のGOのPCIがはるかに低かったため、一貫性のない数値です(したがって、2で除算される可能性はほとんどありません)。 GO = 9.8 kwh / lから、225 g / cv.hから0.28の収量が得られます。 60%にはほど遠い…
  • ページ12)左上の水=より良いリラクゼーション、柔軟性、ノック例外なく、現在のすべてのドーピングモンタージュに関する事実。
  • ページ12)、右上の赤熱水による金属分解金属火災とLavoisierの実験をご覧ください。
  • 12ページ)右下、等しい酸素消費量で水の酸素あたり3倍のディーゼル出力!信じられないほどの数字…あまりにも重要だからです(100%に近い収率に達するでしょう)
  • 14ページ)左上、「250〜300°Cの銅とニッケルのパイプによる割れた水の存在による炭化水素の水素化」 モンタージュのドーピングには銅(パイプ)とニッケル(ステンレス)が含まれているため、非常に興味深い点です。
  • 卓越したサイト:HydroRetro内燃エンジン、特に航空エンジンの歴史に関するドキュメントをダウンロードするには、 こちらをクリック

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *