2010の三菱の電気自動車

三菱自動車は、2010年に日本市場に電気自動車を導入する意向を発表しました。

開発は、現時点では各後輪の後ろに配置された電気モーターと高性能リチウムイオン電池を備えたコルトから始まりました。

航続距離は全負荷で150 kmで、補充のコストは同等のサイズのガソリン車よりも75%低くなります。

グループは、主に企業や政府機関向けに、1年目に4000を5000車両に販売する予定です。

コンタクト:
三菱自動車 -東京都港区港南2-16-4-電話:81 3
2111-http://www.mitsubishi-motors.co.jp/MMC_Homepage00.html
出典:日経、12 / 05 / 2005
エディター:Etienne Joly-transport@ambafrance-jp.org
362 / MECA / 1578

また読みます: NAIT燃料電池はすべての期待を超えています

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *