不動産診断2021フランス

リール:販売および賃貸用の不動産診断

リールで売却または賃貸する場合、不動産の所有者は特定の診断を行う必要があります。 これらの診断は、将来の購入者またはテナントに渡される文書の形式です。 彼らは彼に財産の状態とその特徴を知らせます。 この記事では、販売およびレンタル用の必須の診断を在庫しています。

の文脈でのアスベスト診断 不動産取引

建設業界でのアスベストの使用は1997年から禁止されています。これは、肺に蓄積すると深刻な病状を引き起こす可能性のある建設資材です。

したがって、アスベスト販売診断は、建物の将来の居住者がアスベスト繊維を吸入するのを防ぐことにより、彼らの健康を維持することを目的としています。。 専門家は、何も破壊することなく、仕切り、壁、床、仮天井、パイプにアスベストが存在するかどうかを調べます。 疑わしい場合は、サンプルを採取して、ラボで分析することができます。

アスベスト販売診断は販売が義務付けられており、1年1997月XNUMX日より前に建築許可が発行された建物に関係します。アスベストがない場合、その有効期間は無制限です(ただし、公証人は更新を要求する場合があります)。

できれば、地元のサービスプロバイダーが行う必要があります。 したがって、北部では、それを実行する方が良いです リール不動産診断医 過充電することなく、定性的なサービスの恩恵を受けることができます。 決心する前に、オンラインで見積もりをリクエストできます。 リールでの販売前のアスベストレポートは、COFRACによって認定された能力証明書を持つ診断医のみが実行できます。。 彼は保険に加入したに違いない。

家の私的な部分のアスベスト診断

アスベストプライベートパーツファイル(DAPP) は、すべての植毛、断熱、または仮天井の識別が記録されているものです(識別は破壊されずに行われます)。 ハウジング内のこれらの要素の存在は、材料またはアスベスト製品の状態の変化を検証する定期的な制御に直接つながります。 劣化がひどい場合は、資格のある会社が撤去または封じ込める必要があります。 劣化があまり進んでいない場合は、認定試験所に粉じん測定を依頼します。 アスベスト材料を除去するか、封じ込めるか、または定期的な監視で十分かどうかを判断します。

また読みます:  断熱材のセルロース詰め物

DAPPは、販売やレンタル、さらには作業指示のコンテキストでのみ役立ちます。。 その実現は、01年07月1997日より前にさかのぼる建築許可を持つ集合建築物の私的部分のすべての所有者に関係しています。

所有者はDAPPに責任があります。 すべての居住者は、レポートの存在を認識し、それを表示するために何をすべきかを知っている必要があります。 建物内で働く会社(サービスプロバイダー)もこのレポートを所持している必要があり、送金は書面で記録する必要があります。 リールの他のすべての義務的な診断と同様に、この診断が確立されない場合、制裁措置が予見されます。

不動産診断

不動産:家の主な診断

鉛への暴露のリスクの発見(CREP) 家の中の鉛の有無を知らせます。 この不動産診断の影響を受けるのは、1949年より前に建てられた物件のみです。 建物の売却または賃貸を希望する所有者は、リード診断を実行して、候補の購入者またはテナントに通知する必要があります。

古い建物では、鉛は通常塗料に含まれています。 Crepは、コーティング中の鉛の濃度を測定し、それを含む鉛の保存状態を説明します。 これにより、子供時代の鉛中毒や財産への損害のリスクの状況を特定することが可能になります。 ドキュメントの有効性は、トランザクションのタイプと診断結果によって異なります。

また読みます:  壁の水分処理

エネルギー性能診断

エネルギー性能診断(ECD) プロパティのエネルギー消費量とその温室効果ガス排出率を見積もることができます。 購入または賃貸したい宿泊施設について、購入者またはテナントに通知することを目的とした文書です。 これは必須であり、フランス本土にのみ関係します。 宿泊施設の占有期間が年間4か月未満の場合、DPEは必要ありません。.

DPEは、認定基準を満たす専門の診断医によって実行されます。 後者は、診断結果を環境エネルギー管理局(Ademe)に送信して調査する必要があります。 DPEは10年間有効です。

住宅のエネルギー性能

ガス診断:どのような条件ですか?

ガス診断または内部ガス設備の状態は、建物およびその所有物を占有する人々の安全を危険にさらす可能性のあるリスクを評価します。 売り手は、専門の認定診断医がこのレポートを実行する必要があります。 他のすべての必須診断と同様に、このドキュメントは技術診断ファイル(DDT)に添付する必要があります。 これは、販売の約束に署名するとき、または販売の証書のいずれかで、購入者に与えられます。

ガス診断は、ガス設備が15年以上経過しているすべての住宅に関係します。 設備を解体せずに実施され、3年間有効です。

電気診断

ガスの場合と同様に、内部の電気設備の状態は、人々とその財産の安全を脅かす可能性のあるリスクを評価するために使用されます。 これは、DDTに統合され、販売の約束または販売の証書に署名するときに購入者に与えられる必須の診断です。

電気診断は、これが3年未満行われている場合、電気使用者の安全のための全国委員会(Consuel)からの適合証明書に置き換えることができます。 関係する住居は、電気設備が15年以上経過している住居です。.

上記の不動産診断とは別に、リールの不動産取引の一部として実行できる他の多くのものがあります。 とりわけ、リスクと汚染の状態、シロアリの診断、寄生状態の診断、カレス地域の診断、および居住地域の診断があります。

販売とレンタルの両方に必要なものもあります。 その他は、販売またはレンタルのいずれかです。 不動産の売却または賃貸を計画している場合は、公証人に確認して、すべての義務について調べることができます。

尋ねる 不動産診断についての質問 または作る より抜きの

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *