負荷率:核と風

風力発電所と原子力発電所の負荷率はどのくらいですか?

原子炉のエネルギーを生成するのにいくつの風力タービンが必要ですか?

定義: 負荷率は、設備の公称負荷に対する実効年間平均負荷です。 この量は、エネルギー設備の収益性を計算する上で非常に重要です。、再生可能か、核か化石か。

これが風力と核エネルギーのフランスの平均値です。

原子力発電の場合:負荷率が78と80%の間です。

風力発電の場合:負荷率は20%以内です。

言い換えれば、風力タービンは1 / 5時間よりその定格電力で動作しています。

1,300 GWの原子炉に相当するエネルギー(または最悪の場合0,78 * 1,300 = 1,014GWの平均有効)を生成するには、1,053GWの風力タービンではなく1,014 / 20%= 5,070GWを設置する必要があります。

2MWに3あるフランスに建設され、将来の風力タービンの平均電力、原子炉は、最高の状態で交換可能です:5070 / 3 1690 =風。

また読みます:  エネルギー代を削減

1 1690原子炉= 3MW大型風力タービン。

2005年には、フランスの59の原子力発電所に19の原子炉がありました。 エネルギーの自律性を獲得するために(または核なしで行うために)、構築する必要があるのは100MWの約000の風力タービンです...そしてこれは、ピーク時にエネルギーを貯蔵する方法を知っていると仮定しています…これは、現在のところ、そうではありません。

3MWは「陸上」風力発電にとって非常に大きな電力であり、現在のほとんどの風力タービンは0,750〜1,5MWであるため、これらの数値はさらに重要です。

詳細:
核熱電併給は可能ですか?
原子力発電所のフランス地図
世界的な原子力発電所の地図
Forum 原子力
- に続く 11年2011月XNUMX日の地震後の日本の核事故
核の専門家への核エネルギーに関するすべての質問
原子炉の力
原子力発電所の効率
核と風荷重係数
等価風力、太陽光、原子力
フランスとドイツの風力発電のキー数値
風力エネルギーに関する完全なファイル
潮:マリン風

負荷率に関する数値の出典:Jacques Percebois、24年11月06日の「Cdans l'Air」、経済エネルギー法研究センター。

「負荷率:核と風」に関する8つのコメント

  1. ボンジュールàTOUS、
    負荷率の有用性がよくわかりません!
    原子力発電所と1Kwの風力タービンを比較すると、発電所は80%または0,8Kwを生成し、風力タービンは20%または0,2Kwになります!!!
    これですか?
    マーシーは、VOSのréponsesを注ぎます
    フィリップ

    1. そうですが、kWhで。

      2は、X時間の動作中に、0.8時間あたりおよびインストールされたkWあたり0.2kWhおよびXNUMXkWhを生成します。

      8740年で0.8時間、つまり原子力発電では8740 * 7000 = 0.2 kWh / kW、8740 * 1750 = XNUMX kWh / kWになります。

      したがって、1kWの核は4kWの風力の1倍を生成します。

      ソーラーの場合、昼/夜のサイクルと天候を考えるとさらに悪いです。

      したがって、フランス北部に1 kWの太陽光発電設備を設置すると、年間約1000 kWhが生成されます…したがって、実際の実効充電料金は1000/8740 = 11%になります。
      しかし、それについては多くのことができないため、昼夜のサイクルで修正する必要があります。したがって、修正係数は22%になります。

      断続的な生産は、再生可能エネルギーの大きな問題です。

      1. 風力タービンをグリッドに接続した場合にのみ、負荷率は風力タービンに意味があるように思われます。 風力タービンが隔離されており、たとえば電解槽に結合されている場合。 貯蔵可能な水素を生成し、間欠性の問題が解決されます。 ただし、インストールされたMWあたりのコストは残ります。
        しかし、これは間違った問題です。なぜなら、原子力発電所によって生成される電流は、昼間と夜間で同じ値になるとは思わないからです。 当然のことながら彼は夜寝ており、自分自身をうまく隔離することによって、彼は(私たちの緯度では)ほとんどエネルギーを必要としないので、人も断続的であるように私には思えました。

  2. ボンジュールクリストフ、
    メルシーはvotreréponse注ぎます。

    負荷率が収益性であると推測できますか(太陽光発電の例)? または私は間違っていますか?
    フィリップ

    1. それは正確には収益性ではありませんが、関連しています。南フランスのPV設置は、同じ設置価格で€/ Wpで北の約2倍の収益性(迅速)になります…

  3. それは私にはより明確です!
    つまり、原子力発電所の負荷率は場所に関係なく比較的一定であるのに対し、風力と太陽光は場所によって異なる可能性があると言えますか?

    それで、核はその表面とその規則性に関して理想的な生産手段のように思われますか?
    基本的にスイスの時計! ねえフレンチ!

    では、なぜ核から分離するのでしょうか?
    ボンヌjournée、
    フィリップ、

    1. そのとおり !

      原子力発電には利点(生産の安定性、高出力、CO2が少ないなど)がありますが、他の問題もあります:廃棄物の処理(50年の研究開発にもかかわらず...完全に処理する方法がまだわかりません)、燃料供給(マリ)、老朽化し​​た植物(元々は20年しか続かないはずだった...)、危険なイメージに関連する一般的な恐怖...また、多かれ少なかれ急速に進行している核融合に関する研究があります(核植物は0廃棄物)....現在のすべての核分裂プラントが廃止されました..。

      すぐ

  4. 原子力発電所の負荷率は、長期間の強制保守または原子炉の停止、および福島事故後に原子力安全当局によって課された新しいセキュリティ要件を満たすために行われるべき停止期間を考慮に入れています。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *