北極圏の湖で観測された地球温暖化の証拠

極地に住む生物はわずかな温度変化に非常に敏感であるため、湖の底の堆積物は、時代を超えた生物学的活動の良い指標です。

極地に焦点を当てた国際的な研究は、気候の変化が生態学的な再編成と150年前に始まったであろう種の変化の起源であることを示しています。

この研究は、カナダにある26の湖を研究した55人の研究者によって実施されました。
ロシア、スピッツベルゲン(ノルウェー)、ラップランド(フィンランド)。 変化は種の多様性と同じくらい種の構成に現れ、変化はより北部の地域でより大きくなります。 この観察結果は、地球温暖化が極のレベルでより強調されていることを示す気候モデルによって裏付けられています。 人間の活動の影響は、これらの変動の原因にはなり得ません。 実際、温暖な地域とは異なり、これらの地域では、トナカイとカリブーのいくつかの群れを除いて、農業はほとんどありません。 極地は、
重金属、酸性分子、栄養素。 この現象は、主にXNUMX世紀の後半に限定されており、この研究で観察された再編成の開始よりもはるかに遅れています。

また読みます:  バグニュース

コンタクト:
- 先生。 気候変動のスペシャリスト、Atte Korhola、
CHILL-10,000コーディネーター。
大学生物環境科学部
ヘルシンキ、
PO Box 65(Viikinkaari 1)、FIN-00014フィンランド、ヘルシンキ大学
-tel:+358 9 191 57 840-email:reached.korhola@helsinki.fi
出典:Smol et al。 (2005)気候変動に起因する生物のレジームシフト
北極圏の湖のコミュニティ、PNAS、XNUMX月初版
編集者:マリー・アロンソン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *