経済:プログレッシブ緊縮財政へのいくつかの繁栄

経済と社会:特定の繁栄から漸進的な緊縮へ、または福祉国家から警察国家へ。

政治的議論は、社会構造の維持のために十分な妥協を保証することになっている政治的形成を通じて、主に様々な社会的カテゴリーの対立する利益の管理の唯一の領域に限定されます。 「専門家」の主な活動は、さまざまな政治的スタッフと、権力において互いに成功する彼らの可能性についてコメントすることです。

これらのさまざまな関係者によって伝えられるメッセージに関して、それは本質的に非常に単純です。グローバリゼーションの文脈における成長、雇用と失業、購買力と国際競争カテゴリはすべての可能なバリエーションで減少しました。これは、最も基本的な実際の質問を隠すのに十分ですが、この文脈では答えがありません。

単純な「常識」では理解できないのは、市場経済が、すべての国々のニーズを満たすことができずに、物資で世界をあふれさせることに成功したということです。生産性の高い手段が成長し続ける一方で、絶えず拡大しているデジタル中産階級にとっては否定できず、トレンドとして突然逆転します。 これらの点に関して、専門家は黙っており、むしろ神秘的な危機を引き起こすことに限定されています。

過去の危機、1929年のアメリカ(当時)は、戦後の破壊の結果として生じた危機は、介入主義政策のおかげで克服されました。福祉国家は、企業の自由な遊びを救いに来ました投資と大量消費を通じて、研究所の回復を促進し、望ましくない効果を非難するために声を上げたプロセスを止めるものは何もないと思われました。 しかし、すべての期待に反して、とりわけ公式の実証主義と矛盾して、現在の困難が生じているのは確かにこの成功からです。 一部の人々はいまだに幻想を抱いており、ケインジアンのインスピレーションの新しい政策は、多面的な申し出を満たす需要の増加によって状況を妨げないと信じています。 採用された方向は逆であり、緊縮財政は、現在の非常に現実的な犠牲を犠牲にして、構造的赤字を克服し、将来と不確実な繁栄を回復することになっています。

また読みます: 危険にさらされている自然:事実と数字

実際には、これらのXNUMXつの選択は、現在の矛盾を克服する上で互いに効果がありません。 不思議なことに、それは私たちの経済全体を支えるものを達成することを非常に困難にし、ますます起こりにくくする極端な抽象的な富のレベルであり、その最後のプロセスでのお金の投資より高い金額を回収することが可能です。 世界的には、この抽象的な富をさらに増やすには金持ちになりすぎています。 実際、以前の条件は次第に薄れてきました。一方では家庭用機器が生産され、実際には新しい製品はほとんど登場しませんが、他方では、マイクロコンピューティングの使用により生産性が大幅に向上します常に仕事を減らし、したがって市場で労働力を売ることができなくなった人々の購買力は、コストを下げるために新しい生産性の向上を求めることにつながります。 それは短期的かつミクロ経済的規模で考慮される有効な論理であり、一方、マクロ経済的観点からは、結果を逃れたいことによって原因を強化する悪循環である完全な行き止まりです。 金融業界だけが衰退を延期することができましたが、幻想を維持する能力は限られており、新しい滞在を獲得するために成功できるものは何もありません。

また読みます: 科学者は二酸化炭素を使用するための戦略を開発する

あなたが理解しなければならないことは、どのシステムでも、そのフェーズに応じて異なる動作をし、現在の状態を観察することから将来の行動を推測することは完全に不適切であることです。 私たちが興味を持っている場合、明白な繁栄の一時的な状態(それは局所的にのみ[1]および一時的に現れたという意味で)システム全体と逆行し、いかなる意味でも増幅を意味しないことが判明しました特に、緊縮政策を正当化するために使用される危機からの「出口」という概念を通して、それを信じるのが魅力的であり、常に信じられているように、それはそれを命じる人々の利益を保護するので、存在下で強制する[2]…

結論として、主題は触れられているだけであるが[3]、人々に聞きたいことを売るが、非常に異なる現実をカバーするこの誤ったスピーチを拒否する時が来た。私たちが到達した歴史的で絶対的な行き止まり。 私たちが話していたこの経済的な成功は、その崩壊の論理的な理由を準備しただけでなく、最も批判的な心を麻酔することによって強力な精神的効果をもたらしました。満たすべき課題:真の代替ビジョンをもはや許さない程度まで統合したシステムの致命的なロジックから解放する方法は?

また読みます: 高価な石油の時代...

上の議論 forums (または以下のコメントで)

[1]フランスの戦後の繁栄は、主に植民地化されてから新植民地化された国での課税の結果でした。
[2]それは見かけ上の関心の問題に過ぎません。つまり、一般化された模倣の競争がそれを確立するということです。それは、裕福でない人が金持ちを賞賛する一方で、富!富は望ましいと思うが、それは哀れなだけである:富に対する欲求は飽くなき、それは絶え間ない欲求不満だからである。
[3]被験者の迎え角は、本質的に内在的なアプローチ、つまり主にシステムの内部に限定されていました。 より確実な理解のためには、システムとその機能の完全な解体が必要です。 それは私の野心ではなく、このテキストをより野心的な読書への導入と招待と考えなければなりません。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *