ビーレフェルトの研究者は、水素を生成する藻類を開発しなければなりません

ビーレフェルト大学生物学部のオラフ・クルーゼ氏のワーキンググループは、ブリスベン大学の分子生物科学研究所(分子生物科学研究所)のワーキンググループと協力して到着しました。 (オーストラリア)遺伝子組み換え藻、緑藻Chlamydomonas reinhardtiiの変異体を開発し、水素を生産する優れた能力を持つ。

さらに最近特許が取得されたこの水素開発プロセス(特許番号WO 2005003024)により、藻類は理想的な条件下で最大13倍の水素を生成できます。
これらの増加した水素生産率に基づいて、Stm6-これは変異した藻の名前です-将来のバイオテクノロジーを実行するための顕著な条件を提供し、「バイオ水素」の生産を可能にします微生物を使用した日光。

ブリスベンとビーレフェルトの研究室では、分子遺伝学的介入により藻類の水素生成速度をさらに高めるために、さらに努力が続けられています。

また読みます: 新しい投票

バイオテクノロジー専門家と協力して、バイオリアクターの最初のプロトタイプの建設が今年も計画されています。

コンタクト:
-オラフ・クルーゼ、ビーレフェルト大学生物学部-tel:+49
521 106 5611、メール:olaf.kruse@uni-bielefeld.de
出典:Depeche idw、ビーレフェルト大学のプレスリリース、
05 / 09 / 2005
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *