石油の価格は再び政府を心配する

熱はまだ石油市場に落ちていません。 4月71,62月曜日のロンドンでの電子取引で17ドルに達した後、ブレント北海のバレルは火曜日の朝にこの記録を超え、最初の取引で72ドルに達しました。 ニューヨークでも、価格は非常に高いままでした。火曜日に、70,88ドルで軽い甘い原油が上昇しました。セッションで30ドルのバレル。

この動きは、フランス政府を心配させるポンプの価格の上昇をもたらしました。 火曜日の経済大臣は、フランス・インター、石油製品に対する内部税(TIPP)の減少を除外し、「それは役に立たない」と述べた。 しかし、ティエリー・ブルトンは、「ポンプの価格の不安定な動き」の場合、「反響がスムーズになるように石油オペレーターをベルシーに再会させる」ことを除外しなかったことを繰り返した。 Totalは9月の2005で従事していました。

また読みます: 自転車は素晴らしい!


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *