熱波:EDFは、火力発電所(非核)の温水を拒否できるようにもしたい

EDFグループは、日曜日に熱波が持続するため、原子力発電所の認可を取得した後、火力発電所が国境を接する河川への温水の放出を認可する措置を講じました。
グループの声明によると、管轄当局とのアプローチは「火力発電所向けに開始されたばかりです」。

産業省のスポークスウーマンはAFPに、政府の承認を必要とする原子力発電所の手順とは異なり、火力発電所の決定と出版を行うのは長官であると語った。県令。
「要求は各サイトの知事に宛てられており、監督当局からの意見の後に決定を下すのは彼である」と彼女は言った。
これは、領土内の10のサイトに関係しているとAFPにグループのスポークスマンに語った。

続きを読みます

また読みます: 数値の持続可能な開発:Eurostat Webサイトの120のオンライン指標

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *