ルノー特許:水蒸気の高温変換による水素発生

ルノー特許:水蒸気の高温変換による水素発生

キーワード: 改質、改質、分解、分解、蒸気分解、接触分解、熱分解、触媒、燃料電池、燃料電池、水素、合成、酸素化、自己熱、発熱、吸熱。

タイトルまたは特許:
水蒸気による高温変換により水素を生成する方法および装置

特許番号: FR2831532

発明者: 産業方法およびプロセスの研究開発のためのArmines Association。 ルノー。

日付は提出されました: 10月26 2001

私たちの科学的意見:

特許は、従来の燃料(ガソリン、ディーゼル、LPG / CNG、さらには植物油またはアルコール)の熱改質によって水素リッチガスの合成プロセスを保護することを目的としています。
このアプリケーションは、明らかに車両の燃料電池に電力を供給する車載リフォーマーです。

この特許の本当の特徴は、最初に熱分解を行い、すでに知られている特許やシステムと比較してもはや触媒的でないこと、XNUMX番目に従来の燃料を使用すること(これはメタノールの改質に反すること)、XNUMX番目に水蒸気改質を行うことです:改質水蒸気の存在下で。

また読みます: AdBlue、ディーゼル車の汚染を抑える

これらの100つのポイントは、パントンプロセス(XNUMX%パントンフェーズで、水ドーピングではない)と強い類似性があります:触媒なし、水蒸気の存在、従来の燃料の使用。 同様の動作温度。

だから私たちは読むことができます: 「メタンよりも重い炭化水素の場合、温度(改質用)は低い(850°C未満)」

自己熱改質も言及されている:それは、特定の場合に特に有利であり得る部分酸化(発熱)反応と改質(吸熱)反応との間の熱平衡である。

最後に、この特許がおそらく容易に活用されないような先行技術(2 X、明白な先行技術、すべてのクレームにわたって)を持っていることは非常に残念です。

ダウンロード 水蒸気からのH2831532の生成に関するルノーの特許FR2

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *