東南アジアの汚染によって好まれる北極圏の氷の融解

特に東南アジアで人間の活動によって生成された浮遊微粒子の一部は、北極圏の氷の融解に貢献します。 コロンビア大学のドロシーコッホとゴダード宇宙研究所(GISS)のジェームズハンセンは、モデルを使用して洞察に富んだ画像データを収集し、試行しました。
北極上に存在する炭素粒子の起源を決定するために、大循環モデル(GISS)によって開発された大気循環。

Journal of Geophysical Researchに掲載された彼らの研究は、北極の氷河の時間と空間における融解と、20th世紀に人間によって生成された「すす」の量との相関関係を示しています。 。 実際、すす粒子は氷上に堆積すると、光の吸収を促進し、解凍を加速し、北の空に存在すると、空気を暖めることで気象学を変えます。 したがって、この現象は地球温暖化の結果だけではありません。

また読みます: 大国を分割することにより、イランはその目標を達成しています

北極圏の汚染源の約3分の1は東南アジアの炭素排出に起因し、残りの3分の1は森林火災やその他の野生型火災に起因し、残りは西部の工業煙と汚染に起因します。 そして、先進国の汚染はかなり低い大気流で循環していますが、アジアからの汚染は対流圏へのより高い上昇ルートを取ります。

LAT 24 / 03 / 05(エアボーンスートは、アーティクメルティングに追加され、研究結果が見つかりました)
http://www.nasa.gov/vision/earth/environment/arctic_soot.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *