温暖化:大気中の二酸化炭素で加速増加

ロンドンでのグリーンピースの年次会議の前夜に英国の報道機関が月曜日に明らかにした数字によると、大気中の二酸化炭素の存在の増加は2001年から2003年の間に非常に心配な方法で加速しました。

ガーディアンとインディペンデントが発表した数値によると、大気中の二酸化炭素(主な温室効果ガス)の量が2万粒子あたりXNUMX粒子(ppm)以上増加したのはこれが初めてです。 )XNUMX年連続でXNUMX年あたり。

2001年から2002年の間に、371,02万個の粒子あたりの二酸化炭素粒子の数は373,10から2,08に増加しました(年間で375,64 ppmの増加)。 その後、2003年にはさらに増加し​​、年間2,54 ppmのXNUMXとなりました。

これらのデータは、米国の研究者であるチャールズキーリングのサービスにより、1958からハワイのマウナロア山の頂上に記録されます。

また読みます: ブラックフライデー:消費へのオード! ブラックフライデー…汚染?

この研究者によると、二酸化炭素の濃度が1973 ppmを超えて増加したのはこれまでの1988年(1994年、1998年、2年、XNUMX年)だけであり、そのたびにこの現象が特徴的な年でしたエルニーニョ。

「大気中の二酸化炭素粒子の数が2年連続でXNUMXppm以上増加したことは新しい現象です」とXNUMXつのイギリスの新聞が引用したチャールズ・キーリングは言った。

今日74歳のアメリカ人研究者にとって最も心配なことは、このXNUMX年間はどちらもエルニーニョ年ではなく、この増加を説明するデータがないことです。

チャールズ・キーリングによると、この現象の説明のXNUMXつは、過剰な二酸化炭素を吸収する地球の能力の低下、「+シンク+二酸化炭素の低下(編集者注:海と森)」である可能性があります地球温暖化に関連し、気候変動への反応から生じる」。

また読みます: fireを見つける

ガーディアン紙によると、これらの数字は、英国のトニー・ブレア首相、デイビッド・キングの科学顧問が出席して、毎年恒例のグリーンピース会議で議論されます。

ソース: AFP 11-10-2004

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *