地球温暖化:2005での地球上の熱の2番目の記録

日本気象庁によると、2005年の地球の平均気温は、温室効果ガスの増加による地球温暖化により、XNUMX世紀でXNUMX番目に高い水準に達した。

気象庁は声明のなかで、2005年の惑星の平均気温は0,32年から1971年の間に記録された平均よりも2000℃高かったと述べた。 これは、1891年以来1998回目のヒートレコードであり、0,66年(平均より80℃高い)に次ぐものです。 この温度上昇傾向はXNUMX年代半ばから続いていると当局は述べた。 (GFR)

ソース(Belga)

また読みます:  ポルトガルでは干ばつは高価です

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *