洪水が西サハラを麻痺させる

エルアユン(AFP、24/12/05)-西サハラの首都、エルアヨンの地域は、週の初めに豪雨が降ったため、モロッコ南部から事実上麻痺して孤立しています。土曜日に一致したソースから学びました。
多くの道路が著しく切断されています。同じ情報源から学んでいます。

2 Mテレビで放送された画像によると、土曜日に家が浸水したエルアユーンの住民は、当局に彼らに援助を提供し、地域の隔離を終わらせるよう行動するよう求めた。

「私の所持品をすべて失い、子供たちと一緒にどこに行けばいいのかわからない」と、在宅のお母さんは言った。

サハラ砂漠のこの地域では、豪雨が火曜日と水曜日に降りました。その気候は一年中乾燥しています。

続きを読みます

また読みます: ADEME:車両の2006分類

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *