フランスの法律とバイオ燃料

石油製品の内部消費税の引き下げと関連する生産ユニットの承認手続きの緩和によるバイオ燃料の量の増加

コメント:この記事は、税関法の第265条のXNUMX Aで規定されている、石油製品の内税の引き下げの恩恵を受けるバイオ燃料の生産のための割り当てを増やします。 また、同じオペレーターの生産ユニットの承認のグローバル化の可能性も提供します。

純粋な野菜油に関する措置が著しく欠如していることに注意してください。

I.国会が投票したシステム

この記事は、国会による、同僚のGilles Garrez、一般予算報告者、および彼の仲間の代理人による修正の全会一致の投票に続いて、2005年の財政法案に挿入されました。政府から「非常に好意的な」意見を受けていた。

この修正の目的はXNUMXつあり、次のことを目的としています。
-一方で、2005年には、石油製品の内税の引き下げから恩恵を受けるバイオ燃料の総量を増やす。
-一方、オペレーターの生産ユニットに発行された承認の一部を、承認された別の生産ユニットに転送することを承認すること。

また読みます:  ブラックゴールドとイエローゴールド

A.2005年の税支援バイオフューエルの見積りの増加

この記事では、国内消費税の引き下げが認められるバイオ燃料の140.000年の割り当て量である、2005トン(エタノールまたは植物油をベースにした製品のXNUMXつのセクターに分割される)を増やす予定です。石油製品。現在、XNUMXヘクトリットルあたりの価格は次のとおりです。

-EMHVの場合は33ユーロ*; ETBEは38ユーロ*; エタノールは37ユーロ。

現在の承認は以下に関するものです。
-387.000トンのEMHV; 219.000トンのETBE; 103.000トンのエタノール。

したがって、税支援クォータの増加は約20%になります。

B.承認された生産ユニットのオペレーターによるより簡単な管理

税関法第265条のXNUMXAは、石油製品の内部消費税の計画された削減の恩恵を受けるために、バイオ燃料生産ユニットは、協議した後、予算を担当する大臣によって承認されなければならないと規定している欧州共同体の公式ジャーナルに掲載された候補者手続きの呼びかけに続いて、農業を担当する者。

また読みます:  FR2の燃料植物油レポート

税関当局の同意を得て、オペレーターは自分に発行された承認を自分の生産ユニットのXNUMXつから別のユニットに移すことができると提案されています。

この測定は、バイオ燃料に関する6月のレポート2004(*)で同僚のAlain Marleixが言及した精製業者からの要求に対応しており、彼によって正当と見なされています。

実際、オペレーターの生産ユニットのXNUMXつの生産が減速または停止した場合、別のユニットの生産が増加して、全体的な許可された量が尊重される可能性があります。

II。 あなたの委員会の位置

現在のレベルがコミュニティの目標からかけ離れている、フランスのバイオ燃料の生産を増加させる可能性のあるいかなる措置も歓迎することができます。
承認された製造ユニットの管理のためにオペレーターに課せられる条件の緩和も歓迎すべきステップです。
しかし、あなたの一般報告者が強制賦課金の進化に関する最近の情報報告(*)で指摘したように、フランスは、税制上の利点の恩恵を受けるこれらの製品の量を制限するヨーロッパで唯一の国です。 (イタリアとスウェーデンを除く)。

また読みます:  Villeneuve sur Lotの燃料油レポート

さらに、固定された割り当てが完全に尊重されることは決してなく、それを超えると財政的に認可されます。これは、大幅に改革しなければならないシステムのマルサスの性格を証明しています。

委員会の決定:あなたの委員会は、あなたがこの記事を修正せずに採用することを提案します。

* EMHV:植物油または「ジエステル」のメチルエステル。
* ETBE:エチルテルティオブチルエーテル:エタノールとイソブテンの混合物、石油製品の精製からの残留物。
*情報レポートn°1622(XIIth議会)。
* 52番号(2004-2005)。

のウェブサイトによると www.senat.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *