オイルは64で2007ドル以上に留まる必要があります

64アナリストのReuters調査によると、世界的な需要の持続と地政学的な緊張により、2007では石油の平均価格が1バレルあたり32ドル以上に維持されます。

最新の改訂では、64,62の米国の軽質原油について2007ドルでコンセンサスが得られました。 コンセンサスは2か月で2ドル近く上昇しました。

イランの核計画に対する懸念、ナイジェリアとイラクの暴力、米国の生産の混乱が、昨年末以降の価格の11%上昇の大部分を占めています。

しかし、価格は8週間で11%下落し、現在では在庫の増加とこれまで無害だったハリケーンシーズンにより、67月中旬の記録をXNUMXドル下回っています。 明るい米国の原油先物は、金曜日にバレルあたりわずかXNUMXドルで取引されました。

また読みます: FR 19/20のLot et Garonne HVBのごみ収集車


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *