ルノー21の注水

コメントについては、最初に感謝します。学生エンジニアのレポートは私の夜と休暇の週のベッドサイドの本で、私を置く前にこれらの現象をよりよく理解できました動作中、原子炉位置決め用の4H(APTEから購入)。 その後、4でこのバブラーを再加熱して製造した(これはもはや役に立たない)ので、自動車以外で非常にうまく機能する電子自動充填を設定した(「苦しんでいます...があるからです-大衆に...)
そして解決策を探して、私は車のメンテナンスを行い、オイルフィルターをきれいに分解することは不可能でした:THE BULLEUR A VIRER
そして、3 Hのキャブレターベース(シンプルさを保証)に出発しました。写真以外のターンが行われました。ブリッジがないことと、いくつかの設定:下部のチョークとブッシェルの最大開口部50cl / 100kmの水を消費し、明らかに18から28%の燃費(まだ進行中)を与えるエアフィルターとしての大きな布仕事に行くのに最も役立つのは85km /日で、彼女はエンジンがより反応が良く、回転が良く、よりニュートラルであり、ラップカウントの後、最高速度が200回転/分で増加しますが、私はこれをやめませんでした。 継続のために、私は少しの間日産バネットを装備します。あなたが望むなら、私はあなたに知らせ続けます。
じゃあまた会いましょう

また読みます: Gillier Pantone水ドーピング計画とディーゼルエンジンに関するアドバイス

ルノー21の注水

実験とアセンブリのドーピングとエンジンへの水の注入のフォーラム

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *