地球温暖化は森林や亜寒帯の泥炭地にも影響します

北欧研究センター(CEN、ケベック州ラヴァル大学)の研究者は、ケベック北部での2つの地球温暖化イベントを記録したばかりです。 1つ目は亜寒帯の泥炭地における永久凍土の融解の加速に関するもので、2つ目は森林の端での樹木の垂直成長率の増加です。
Geophysical Research Lettersの最近の号では、研究者はハドソン湾の東の平行な56eの高さの泥炭湿原からの蓄積データを使用して、この生息地における永久凍土の進化を説明しています。
研究者は、1957と1973の間の10年ごとの訪問から2003航空写真と現場収集データを使用しました。 永久凍土が占める泥炭地の割合は、82%1957から13%2003になっていることがわかりました。 その消失率は1993以降2倍になりました。 研究者によると、この加速の主な原因は雪の形での降水量の増加です。 積雪は、凍結波から土壌を保護し、温度差を緩和します。 泥炭地の劣化が温室効果ガスのバランスに与える影響はまだ測定されていません。
さらに、地球温暖化モデルは、現在の北方森林の限界が徐々に北に向かっていくと予測しています。 Journal of Ecologyで最近公開された記事で、研究者は、ブラックスプルース(限られた繁殖能力を持つ種)の北方拡大の前に、これらの木の習性の変化が先行すべきであると予測しています。メインツリーは、以来、垂直成長の加速を経験しています。
1970年。 現在の状況が続くと、トウヒの木は垂直に成長し続け、より多くの円錐形と種子を生産します。 これは、木線の北方への拡大を促進するはずです。

また読みます: 壊れた価格と低コスト。 経済的な祝福や危険?

出典:Jean Hamann-外出中、10 / 03 / 2005-ラバル大学
http://www.scom.ulaval.ca/Au.fil.des.evenements/2005/03.10/tourbieres.html

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *