気候変動:182百万人のアフリカでの潜在的な死


この記事を友達とシェア:

京都議定書に関する国連での新たな交渉が始まると、クリスチャンエイドのレポートは、気候変動の直接的な原因により、182によってアフリカで2100百万人が死亡する可能性があると推定しています。

今週、190諸国は、気候変動に関するさらなる交渉のために、気候変動に関する国連枠組み条約(UNFCCC)の一部として、5月のボンで15月曜日から代表を務めます。

サミットの議長はカナダの環境大臣ロナ・アンブローズが務めます。 先週、カナダの保守派政府(ステファンハーパー率いる)が京都議定書を完全に遵守しないことを決定したため、特に彼の辞任を求めるカナダの生態学者の怒りに苦しみました。

発展途上国は、これらの環境戦略の経済的代償を最初に払わないというダイナミックを作り出すよう、豊かな国に確かに求めるでしょう。 「先進国は、先進国が拘束力のある目標を受け入れる前に、排出量を制限する努力において真の推進的役割を果たすことを期待している」とリチャード・キンリー事務局長国連枠組み条約。 これらの国々が提起した議論の1つは、地球温暖化は主に北朝鮮の国々のライフスタイルによって引き起こされたというものです。 実際、欧米人は南部の居住者よりも11倍多くのエネルギーを消費します。 CO2のリリースの半分は、北米で生産されています(米国では世界の24%、ユーロ圏では10%)。

続きを読みます



Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *