森林破壊

森林破壊と気候変動を抑制するためのインセンティブが必要です

森林の損失は毎年XNUMX億トンの炭素を生成します

9年2005月25日、ローマ-森林伐採が人間の活動によって引き起こされる温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の全排出量のXNUMX%を占めることに留意し、FAOは本日、データとモントリオールで開催された国連気候変動会議に参加している国々に、発展途上世界の森林損失を減らすための金銭的インセンティブを生み出す方法を模索するための技術的アドバイス。

「最近の世界森林資源評価(FRA 2005)における気候変動の緩和における森林の役割に関する最新のFAOデータは、地球温暖化との闘いへの森林の貢献を明確に示しています。森林伐採によって問題を悪化させている」とFAO森林局のDieterSchoeneは述べた。

「特に森林が土地から二酸化炭素を除去するために重要である熱帯の国では、森林伐採の減少と炭素貯蔵の増加を綿密に監視するために国が使用できる多くの戦略があります。 「雰囲気」と彼は付け加えた。 この会計処理は、開発途上国で炭素貯蔵のための金銭的インセンティブを作成するプログラムにとって非常に重要です。

また読みます:  廃棄物社会の象徴である計画的陳腐化

森林破壊による毎年XNUMX億トンの炭素排出

FRA 2005のレポートによると、世界の森林はバイオマスでも283ギガトン(Gt)の炭素の貯留層であり、バイオマス、枯れ木、落葉落枝および土壌に含まれる総炭素は合わせて大気中の量、50兆トンよりも約XNUMXパーセント高い。

しかし、この評価はまた、森林の破壊が大気中に毎年2億トン近くの炭素を追加するだけであることを示しています。

「炭素バランスを維持するためには、この貯蔵された炭素が逃げるのを防ぐことが重要です。 シェーン氏によると、それは環境の保護に不可欠です。

地球全体について、森林バイオマスの炭素貯蔵量は、森林伐採と森林劣化を考慮して、1,1年から2000年の期間に少なくとも年に2005 Gt減少したと評価は述べています。 。 森林バイオマスからの炭素は、1990年から2005年の期間にアフリカ、アジア、南アメリカで減少しましたが、他のすべての地域で増加しました。

また読みます:  CITEPA:フランスの大規模燃焼プラントによる排出インベントリ

これらの損失は、森林(特に植林地)の拡大と、特定の地域でのヘクタールあたりの現存作物の増加により一部相殺されました。


FAOソース

気候変動と戦うための森林のより良い利用

FAOによると、森林から他の土地利用への転換を防ぐだけでなく、森林の拡大(新しい植林)と再植林(森林破壊された地域の植林)によって新しい炭素埋蔵量を創出する必要があります。

FRA 2005によると、森林バイオマスの炭素貯蔵量は、西アフリカおよび中央アフリカ、ならびに中央アメリカおよび南アメリカでヘクタールあたり最高です。

特に熱帯地方では、植物の成長が非常に速く、大気からの炭素の取り込みが促進されますが、植栽は比較的短時間で大量のCO2を吸収することができます。 これらの地域では、森林はそのバイオマスと木材のおかげで、15ヘクタールあたり年間最大XNUMXトンの炭素を固定することができます。

FAOと他の専門家は、森林減少の減少、森林再生の増加、およびアグロフォレストリーとプランテーションの増加による総炭素保持量が、今後15年間の化石燃料からの炭素排出量。

また読みます:  成長、GDP、エネルギー消費:エネルギー税と新しい経済モデル?

ソースと詳細を確認するには: 国連食品農業機構

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *