核融合


この記事を友達とシェア:

新しいエネルギー源の共同研究:核融合。

キーワード:核融合、核、ITER、エネルギー、未来、電気、水素、プラズマ

核融合の研究が進行中です。ヨーロッパは、カダラッシュにITER核融合炉の建設を決定する次のステップを踏み出しました。 このプロジェクトを支援するために、ジュリッヒ研究センターの研究者はボーフム大学とデュッセルドルフ大学と協力して、仮想研究所「ITER関連プラズマ境界物理学」(IPBP)を設立しました。 彼らは、この分野での活動をさらに強力にリンクし、複数のノウハウを共通の方法で使用したいと考えています。 最初の会議が12月の初めにBad Honnef物理センターで開催されました。

今世紀中に発生する可能性のあるエネルギー不足の脅威のため、新しいエネルギー源の研究と開発は特に重要です。 太陽で発生するメカニズムを再現することを目的とした核融合(核の融合
大量のエネルギーを放出する水素、燃料も実際には無尽蔵です)、これらの新しいエネルギー源の1つになる可能性があります。
さまざまな実験施設を介した国際核融合研究により、核融合火災を発火させる物理的原理が知られていることが示されています。 現在、研究者は経済的に実行可能な核融合プラントを継続的に運用できなければなりません。 この方向への次のステップは、500メガワットの電力を備えたITER核融合炉の建設計画のための国際協力です。

連続運転は、研究者が原子炉壁の電荷を習得して十分な寿命を持つようにする能力に特に依存しています。 溶融プラズマは、反応器の壁の近くで数百万度に達します。
ユリッヒ研究センターの核融合研究者は、デュッセルドルフにあるルール・ボーフム大学とハインリッヒ・ハイネ大学のプラズマ物理学者と共通して、両者の間に存在する相互作用を詳細に研究することを決定しました熱いプラズマとの壁
ITERプロジェクトの成功に貢献する原子炉。 3つの大学は、コミュニティヘルムホルツが支援するこのプロジェクトを実施するために、ノウハウと異なる施設をプールします。



コンタクト:
-レニー・ディリンジャー博士-Forschungszentrum Julich、52425 Julich-tel:+ 49
2461 4771、ファックス:+ 49 2461 61 4666-メール:
r.dillinger@fz-juelich.de
http://www.iter-boundary.de
ソース:デペッシュ・IDW、研究センターのプレスリリース
Julichの、07 / 12 / 2004
編集者:ニコラスCondette、
nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *