核融合:未来のエネルギー論ミックスの柱

現在の観点から、核融合、再生可能エネルギー、
CO2の分離を伴う石炭の燃焼は、ドイツでの長期的な電力生産のための唯一の許容可能な解決策です。 これは、エネルギー会社(ETG)が最近発表した研究「電力供給2020-展望とニーズ」から浮かび上がったものです。
--Energietechnischen Gesellschaft)。

この研究では、特に、
今後15年間のエネルギー:2020年までに、累積電力が40ギガワットの廃止された発電所と総電力が20ギガワットの原子力発電所をドイツ全土で交換する必要があります。

ETGが実施した調査では、XNUMXつの異なる計算モデルを使用して、再生可能エネルギー、化石燃料、核エネルギーのさまざまな加重使用が気候保護と投資ニーズにどのように影響するかを分析しています。
ここから2020。

ただし、2020年までのビジョンは、明確な見通しを示していません。たとえば、化石エネルギー、ガス、石油の運送業者は、数世代で使い果たされた、または経済的に利益がないすべての予測に準拠します。 したがって、それらを他のエネルギー源に置き換える必要があります。

石炭だけが十分に長い寿命を持ち、ウラン核燃料の入手可能性も制限されます。
したがって、調査によると、将来の2つの主要なエネルギー源のみが考慮されます。「現在の観点から、再生可能エネルギーのXNUMXつの柱である石炭で構成されるエネルギーミックスのみ。 (COXNUMXの除去を伴う)そして核融合は、
長期的な電力生産が可能です」。

また読みます:  地球温暖化は森林や亜寒帯の泥炭地にも影響します

完全な調査と要約レポートは、次の場所で入手できます。 http://www.vde.com.

コンタクト:
--Max Planck Institut fur Plasmaphysik(Garching)、Tel:+49 89 3299 1288、
ファックス:+49 89 3299 2622、電子メール:oeffentlichkeitsarbeit@ipp.mpg.de、インターネット:
http://www.ipp.mpg.de/ippcms/de/presse/pi/03_05_pi.html
-VDE、インターネット: Energieversorgung + 2020.htm>
出典:Depeche IDW、IPPプレスリリース、22年03月2005日
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *