市民核:米国への帰還

昨年、米国上院は、新しい発電所の開発を含む、国内の民間原子力を復活させるための措置を投票しました。 このイニシアチブは、エクセロン、エンタージー、およびドミニオンリソースコンソーシアムと原子力規制当局(NRC)が新しい生産ユニットを設立するために行った措置の発表により、今日具体的な形をとっています。 2010で終わる可能性のあるこれらの設置プロジェクトを正当化するために、プロモーターは経済的議論を提唱しました。 103サイトに広がる現在の65プラントは、増大する電力需要を供給するのに十分ではなく、原子力は石油へのエネルギー依存を軽減するための最適なソリューションです。

原子の使用の延長の反対者は、テロに関連する脅威を強調し、各原子炉は潜在的な標的を構成し、廃棄物の処理と貯蔵に関連する問題はまだ中断されている。 プログラムを構築するコストの問題も、両側で異なって認識されています。 産業が原子力の収益性を高める将来のエネルギーの増加を期待している場合、環境運動は、再生可能エネルギー(風力または太陽光)への投資が同様に国に提供できると考えています。 原子力エネルギーの開発に必要な研究と作業は依然として高価であり、政府の財政的保証のみがそのようなプロジェクトの完了を可能にしたことは事実です。

また読みます: フォーラムアップ

出典:USAT 26 / 09 / 04(原子力は議題に戻る)

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *