産業時代の後、何もない?

産業時代はその重要な段階に入っています。 2005では徐々に衰退のプロセスがすでに進行中であり、数年後には産業の時代が止まり、あらゆる種類の産業施設を継続できなくなります。

エネルギー供給に対する脅威は、既存の産業インフラとその結果生じる産業活動を取り返しのつかないほど非難します。 一次エネルギー資源が枯渇しているという事実を誰も無視することはできません。それはせいぜい数年の問題であり、同時に、これらの同じ資源は、彼らの不足に直面しての不足の結果として、劇的にコスト価格が上昇します日々成長している需要。 私たちは、工業的な方法で起こることからすべてが密接に流れる世界に住んでいます。 世界的な産業組織のために、主要なパラメーター(例えば、石油の価格など)の小さな変化は、多くのことに対して計り知れない結果をもたらします。

また読みます: アルジェコの初等建築コンクール

最後の産業ブームはアジア、特に中国から来ます。この間、他の2大国であるアメリカとヨーロッパは、彼らの産業、彼らの産業の仕事を封じ込めるのに耐え難い困難を経験します。もちろん、間接的に彼らの産業に関連する無数の活動について話してください。 沈没しつつあるアフリカの状況についても言及しません。 その後、何も。

見込み-18 / 10 / 2005
オリビエ・リンメルによるクロニクル

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *