水素を生成するための「2in1」リアクター

アイダホ国立工学環境研究所(INEEL)とCerametec社(ユタ州)の研究者は、高温電解(HTE)によってこれまでに報告された中で最高の水素生成率を実験的に得たと発表しました。 電流を流すことによって水を水素と酸素に分解するこの有望なプロセスは、その効率、したがってその関心が依存するエネルギーの入力を必要とします。 たとえば石炭火力発電所を動力源とする低温電解の場合、エネルギーコストは最終的なエネルギー生産の50〜1000倍になります。 一方、EHTの場合、特に高温原子炉(HTR)に接続されている場合、効率は最大800%上昇する可能性があります。 したがって、研究者のアイデアは、長期的には、熱伝達ガス(この場合はヘリウム)を約2°Cの温度にするこの種のユニットを構築することです。 加熱されたガスは、発電用タービンを回転させる方法と、電気分解のために水を1°Cにする方法の300つの方法で使用されます。 到着時に、この「2,5 in 2,6」リアクターは、送電網用に2017メガワットのエネルギーを生成するか、XNUMX秒あたりXNUMXkgの水素を生成する可能性があります。 問題は、従来の熱伝達ガスプラントでさえ、高温熱伝達ガスプラントの制御がまだ制限されていることです。 CerametecとINEELは現在、XNUMX万ドルのプロジェクトでデバイスの実現可能性をテストする予定です。 商業規模のプロトタイプは、XNUMX年までにエネルギー省(DOE)によって期待されています。

また読みます:  環境とエネルギーの節約、典型的なスイス人? 熟考するサイト

ソース: ニューヨークタイムズ、28 / 11 / 04

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *