当局は、焼却炉からのダイオキシン類によるヒト汚染に関する調査を開始しました

AfssaとINVSは、人口のダイオキシン含浸に関する全国調査を開始します。 これら2つの公的機関の目的:廃棄物焼却施設(UIOM)の近くに住んでいる人口のダイオキシンによる過剰含浸の可能性を定量化すること。 約1000人が食生活と環境に関するアンケートに回答し、体内のダイオキシンと重金属の可能性についてテストされます。 Gilly-sur-Isère(サボア)とPluzunet(コートダモール)で2004の終わりに実施されたテストフェーズの後、調査対象の集団は8つの焼却炉とUIOMから遠く離れた制御エリアで選択されます。 。 研究の結果は、最初の学期2006の終わりまでに期待されています。
Afssaはフランスの食品安全機関であり、INVSは公衆衛生監視研究所です。
INVS Webサイトでプレスリリースをダウンロードするには、 こちらをクリック

また読みます: 京都議定書の発効、MIESの背景とガイド

出典:www.enviro2b.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *