時計と目に見えない電力消費

スタンバイ状態のデバイスの消費はエネルギー災害であり、誰にとっても明らかです。デバイスは永久に(またはほとんど何も)消費しません。

しかし、安心してください、時計よりも悪いものがあります...

確かに、前のニュースを見ればわかるでしょう(cf: カットHPプリンターの消費)、もあります 完全に見えない消費 :消費するためにデバイスをコンセントに差し込むだけで十分です 厳密には何も点灯していないようです!

したがって、この消費は消費者の最後で完全に実行されます。これは、インジケータ、LEDが通常常にオンであるため、ユーザーが消費を認識する前とは対照的です。

これはエネルギー詐欺であり、消費者であると考えられます。

それで何をしますか?

消費を知るためにあなたの様々な機器のエネルギー診断をすることから始めましょう。
-オフまたはオフ、
-スタンバイまたはスタンバイ
-アクティブまたはオン。

また読みます: サイトの更新

パワーメーター
民生用電力計の例

それからスイッチまたはスイッチと一緒にスイッチを使用してください、複数のスイッチを持っているいくつかのモデルさえあります!

まだ納得していませんか?

この場合、これに寄りかかって 消費方程式 これにより、24日あたりの最小使用時間数が得られるため、使用中のXNUMX時間(したがって年間)の消費量がスタンバイの消費量よりも多くなります。

そのため、プリンタでは、7日XNUMX時間以上使用する必要があるため、消費するエネルギーが無駄になるよりも有用です。 気になりませんか?

また、もっと見ないことに驚かれるかもしれません啓発活動 これに対して エネルギー惨劇 「公式」協会と政府から...

確かに; 経済的に言えば、廃棄物の一次エネルギーに関連して、たとえば太陽光発電ソーラーパネルを設置するよりも、この廃棄物エネルギーを節約することで得られるものがはるかに多くあります。 しかし、何よりも何よりも、これらは 省エネルギーは誰にとっても利用しやすく、ほぼ無料です。

また読みます: 銀行業と金融危機:ジェラール・メルメによる新聞「ル・モンド」の経済学

コンセントから切断したり、スイッチをオフにしたりするのに、数秒ではないとしても、それほど費用はかかりません…

たとえあなたが自分自身に電気機器を装備しなければならなくても、彼らの金銭的な収益性は保証されています。 最も収益性の高い生態学的投資.

しかし、これはすべて神聖なGDPに良くありません...これはこれを説明するかもしれません...

詳細: 電気時計と目に見えない消費に対する行動

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *