再生可能エネルギーは引き続き上昇傾向

過去1年間、ドイツの再生可能エネルギーは約55,9テラワット時(TWh)の電流を供給し、これは国民の総消費電流の9,3%をカバーすることができました。 2003では、この割合は7,9%でした。

ドイツの風力タービンは、2004で水力発電所よりも多くの電力を初めて生産し、ドイツも初めて世界のリーダーになりました。
太陽光発電設備の建設:電源付き
日本に先駆けてドイツの300 MWの太陽光発電システムを設置(280 MW)。
再生可能エネルギーから生成される熱の割合も、昨年よりわずかに増加して4,2%になりました。 バイオマス、太陽エネルギー、地熱エネルギーは2004 62,1 TWhの熱を発生し、前年より約1,3 TWh増加しました。

ソース:VDI Nachrichten、25 / 02 / 2005
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

また読みます: エコロジカルショップに対するCICによる支払い

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *