競争力のある再生可能エネルギー向け

ガス、石炭、石油などの従来のエネルギーに代わるものを開発することは、21世紀の大きな課題です。 一方では、これらのエネルギーは消耗性であり、他方では、CO、CO2、NOxを非常に汚染します。 水力発電、風力発電、太陽光発電、またはバイオマスは、一方では再生可能で、他方ではエネルギーをほとんどまたはまったく放出しないという利点がある代替エネルギー生産ソリューションです。温室効果ガスや汚染物質はありません。 したがって、これらのエネルギーは持続可能な開発の野心に貢献します。

フランスはその水力ポテンシャルを大いに活用してきましたが、他の分野では非常に遅れています。 しかし、すべての分野での可能性は一貫しています。 フランスにはヨーロッパに2e風力発電所があります。 この状況は、1970年の「すべての核」に対する選択にも関連しています。 この選択は多くの側面(生産能力、温室効果ガスなど)に関連しているように見えますが、それでも究極の廃棄物管理、柔軟性、技術的リスクという点で大きな問題を引き起こしています。

また読みます: ADEME Sun Plan 2005-2006、太陽熱温水器、省エネのチャンピオン

続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *