モントリオールの2012年以降の会議は、ほぼ当然のことながら、失敗に向かっているようです。

2012日間の交渉の後、専門家はXNUMX年の京都後の公約について合意するのに苦労しています。状況の真の重大性に関する一定の現実性にもかかわらず、国の経済的利益はいかなる合意も除外しているようです。

続きを読みます

また読みます:  Jean-PaulDeléageによるカンファレンス:生態学の歴史

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *