モントリオール会議:京都議定書の将来のマイルストーン

11月から12月にかけて28から9までモントリオールで開催される国連気候変動会議の機会に、ラバル大学環境開発社会研究所はこれらの変化を反映しています。私たちに影響を与えます。

今日、研究者のエヴェリン・デュフォールとフィリップ・ル・プレストルは、京都議定書の将来について心配しています。 彼らは先週、ラバル大学のテーマに関する円卓会議にも参加しました。

続きを読みます

また読みます: Pantoneインターンシップ:ポイントをiに置く

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *