京都議定書

京都議定書:それはなんですか?

京都議定書は、1997年XNUMX月に国連の後援により同名の日本の都市で採択された気候変動と戦うための合意です。

現象の原因であり、「温室効果ガス」として認定された38つの化学物質(二酸化炭素または二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、およびXNUMXつのフッ素化ガス)の大気への排出を削減するには、XNUMXの工業国が必要です。

割り当ては、2008年と比較される2012年から1990年の8年間の平均に適用されます。割り当ては国によって異なります。欧州連合のマイナス15%からロシアの0%、日本のマイナス6%、米国の場合はマイナス7%、オーストラリアの場合は+ 8%。

発効するには、55の工業国のCO55排出量の少なくとも2%を表す1990諸国によって承認される必要があります。

3月に米国の2001(リファレンス排出量の36,1%、CO25の世界排出量の2%)を批准しないという決定の後、その存続はロシア(リファレンス排出量の17,4%)に依存しました。

また読みます:  暗号リップル通貨:機能と利点

したがって、参照排出量の125%を占める29の工業国を含む44,2か国によってすでに承認されているプロトコルは、ブエノスアイレスでの新しい国連気候会議(6月17〜XNUMX日)の直後に発効する可能性があります。

それは、現在、定量化された義務から免除されている南部に初めて影響を与える可能性のある2005年からの新しい削減コミットメントに関する2013年の交渉の開始を規定しています。

開発途上国が存在しない場合、プロトコルの有効性は限られています。

国際エネルギー庁の専門家、セドリック・フィリベールによると、京都は3年に予想される世界の温室効果ガス排出量を約2010%削減するだけでよいとのことです。

京都議定書の全文はこちら

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *