ワシントンは、温室効果ガスが地球温暖化の原因であると認識しています。

気候研究担当国務長官のジェームズ・マホニーが議会に提出した報告書は、温室効果ガスが地球温暖化の主な原因であることを認めています。 しかし、この事実はこれまでブッシュ政権によって否定されていました。

確かに、GWブッシュは常に京都議定書(クリントン政権によって署名された)を批准することを拒否してきました。 2001年XNUMX月、彼は次のように宣言しました。「このガスは清浄な空気に関する法律によると「汚染物質」ではないため、州が発電所に二酸化炭素の排出量の削減を要求すべきではないと思います。 「そして」私は京都議定書に反対している[…]それは米国の経済に深刻な打撃を与えるだろうから。 "。 それから彼は、地球温暖化の人間の起源を示した文書の官僚的な起源の口実で問題を却下しました。 これで彼は主に彼のキャンペーンに資金を提供していたエネルギーロビーの要求を満たしました。

また読みます:  利用可能な新しいビデオ

しかし、常識に反するこの態度は、その「気候ビジョン」計画が沈黙に成功しなかったという一部の従業員や産業家の声を少しずつ高めました。 最後に、エネルギー貿易国務長官によって署名されたマホニー報告書で、それは公式にそれと矛盾するのは彼自身の政権です。 彼がそれを無視するのは難しいでしょう。

詳細については: Radio-canada.caのファイルを読む

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *