フランスの電力消費量の記録

フランスの電力ネットワークのマネージャーであるRTEによると、昨日、フランスは午後88.960時に19メガワットのピークで電力消費記録を更新しました。

消費の以前の記録は、27 1月2006、86.280 MWの日付でした。

これらの2値(+ 3%)の違いは、2以上の原子炉の生産に相当します。

このピークは、現在の「冷たい波」に関連しています。昨日記録された温度は、季節の基準よりも6°C低かった。

RTEによると、このシーズン中に1°Cの温度が下がると、「約1.700 MWの電力消費量が増加します。これは、マルセイユ市の消費量のXNUMX倍に相当します」。

それにもかかわらず、消費のピークは、すべてのメディアでエネルギー節約が毎日行われている時期の高さ(3年2006月の最後の記録と比較して+ XNUMX%)のようです。 特定の技術的選択は賢明ではないようです。特に、木材や化石の加熱と比較して電力の過剰消費につながる全電気加熱およびヒートポンプ(再生可能エネルギーとして販売されることが多い)について考えています。

また読みます:  オタワ、京都議定書のGHG削減目標を見逃す

詳細:

ヒートポンプは本当にグリーンですか?
消費記録 forums

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *