FR2の燃料植物油レポート

これは、9月26 2005にフランス20の2 h新聞に放送されたレポートです。

それは、バイオ燃料に関して私たちの指導者によって示された、偽善は言うまでもなく、二重の話を提示します。

このレポートの概要は次のとおりです。

「一方では、バイオ燃料の最大2%を組み込むことを約束するレトリックであり、他方では、指令以来ヨーロッパレベルでバイオ燃料と見なされている粗植物油部門であり、無視されているか、妨げられている(Valernegol社)。

しかし、州の税収がそれによって負担されるとしても、石油プラントの栽培が合理的または有機的でさえあれば、このセクターの開発はすべての人にとって有益です。

確かに、生態学的な観点から、ガス状排出物は毒性の少ないガスを含み、温室効果にほとんど寄与しません。 燃焼中に放出されたCO02は、大気中での成長中に植物に吸収されました。 唯一の拒絶は、植物の機械的培養に起因するものです。

一方で、この市場は私たちの農業生産者にとって新しい出口となるでしょう。

また読みます:  ブラックゴールドとイエローゴールド

最後に、このセクターは、燃料需要の10%しか事前にカバーできず、石油以外のエネルギー源へのスムーズな移行を可能にするため、石油に完全に取って代わることはできません。 「」

France2でビデオHuilevégétalecarburantをダウンロードする

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *