経済に対する市民の見方

アンドレ・ジャック・ホルベック発

市民経済

言語:フランス語出版社:
イヴ・ミシェル(23 9月2002)
コレクション:エコノミー
フォーマット:ペーパーバック-261ページ

ビジネスダイジェスト
ホセボヴェは心配する必要はありません。彼の継承は保証されています。 実際、この本では、ブーシュ・デュ・ローヌ協会ATTAC会長のアンドレ・ジャック・ホルベックは、現在の社会を批判する言葉を恐れていません。 政治(超国家制度によって民主主義が弱体化する)から経済(金融フローの自由化)および社会(一部の国では悲惨な労働条件)まで、すべてが精査されます。
著者は、これら3つの球体は密接に絡み合っているが、そうではないはずだと主張している。 したがって、問題を客観的に分析しようとすると、失敗に終わります。 利益の独裁は、経済的成功がもたらす犠牲を忘れさせます。 機械を仕事に不可欠なツールにするという選択は、そのようなエネルギー消費が環境にもたらす災害を無視します。 発展途上国の債務の取り消し、フェアトレードは十分な解決策ではなく、むしろ私たちに良心を与える方法です。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *