車の2006分類


この記事を友達とシェア:

キーワード:carlabbeling、きれいな車のラベル、CO2、削減リリース、ランキング、最高。

2006賞が再び「ガソリン」カテゴリのトヨタプリウスハイブリッドを2 g / kmのCO104パフォーマンスに捧げたとしても、それでも小さなシトロエンシトロエンシトロエンC1 1.0 i、プジョー107 1.0、および、トヨタAYGO 1.0 VVT-i、ダイハツクオーレ、109 gCO2 / kmの排出レベル。

「ディーゼル」カテゴリーでは、賞品はシトロエンC2(107 g / km)より先にスマートフォーツーに贈られます。 11最高のCO10排出量を持つ2ディーゼルモデルでは、6はフランス語です。

ADEMEの2 2005調査結果で販売された車からのCO10エミッションの進化

1。 フランスで販売された車両からのCO2排出量は、1と比較して2005グラムで2004グラム減少し、152 gCO2 / kmの値に達しました。 ただし、ディーゼル車の排出量が149 gCO2 / kmで停滞している場合、ガソリン車の排出量は3グラム減少しています(162の2 gCO2004 / kmから159の2 gCO2005 / kmまで)。



2。 42で販売されている車両の2005%は、エネルギー/ CO2ラベルの「グリーン」クラスA、B、Cに属しています。

3。 PSAは、フランスでの車両販売において平均2 gCO145 / kmで最高のCO2結果を持ち、146 gCO2 / kmでルノーがそれに続きます。

4。 フランスで販売されているすべてのディーゼル車の平均燃料消費量は、1年で100リットルから10 kmに減少しました(平均2005:5,6 l / 100 km)が、2年以来安定しています。 同じ期間に、平均燃料消費量は0,8 l減少しました(平均2005:6,7 l / 100 km)。

5。 低い経済範囲(タイプClio、Twingo、107、206)では、販売されるディーゼル車の92%はグリーンクラスA、B、Cに属します。一方、ガソリン車の40%のみがこれらのカテゴリに分類されます。

6。 ディーゼル車は市場シェアの約70%を占め続けており、フランスでの精製への不安を引き起こしています。

7。 10で販売されている2005%のディーゼル車のみが標準のパーティクルフィルタを装備しています。 低C02のクラスBおよびCでは、それぞれ0,3%および4,6%の割合がさらに低くなります。

8。 2005は、CO2排出量の少ない小型ガソリン車の外観を確認しています。シトロエンC109 1、プジョー1.0 107、トヨタAYGO 1.0、ダイハツクオーレの1.0 g / km。 ガソリン車は現在、クラスBエネルギーラベル販売の10%を占めています。

9。 2005の年は、消費量にペナルティを課す大型車両(ミニバンと4×4)の販売の増加によって特徴付けられます。 特に、ミニスペース市場(タイプモーダスまたは1007)は、50で2005%増加しています。 6,34の4,15%の売上の2004%を表します)。

10。 4×4の市場シェアは、フランスで0,6%増加しています。 この増加の原因は次のとおりです。



  • 高級プレミアムクラスの1,1%の市場損失(例:BMW 4シリーズ、megane、Peugeot 4などの大型セダンの代わりに5X5 BMW X307を購入);
  • より小さな4×4スタイルのトヨタRav 4がセダンタイプの車に置き換わる、より低いミドルクラスの市場損失。
    ADEME-FIFBの調査によると、4X4所有者の3分の2は、従来の用途で毎日使用しています。
  • 欧州指令n°1999 / 94 / CEおよび2002 12月1508の法令n°23-2002の適用において、ADEME(環境庁およびエネルギー管理局)は、消費量のガイド2006を公開しています。フランスで発売された新型乗用車の従来型およびCO2排出量。

    続きを読みます

    車の異なるヨーロッパのラベル
    CO2エミッターの少ない車両を購入するインセンティブ
    新車のユーロ基準
    フランスの自家用車



    ソース:Ademe.fr

    Facebookのコメント

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *