車の2006分類

キーワード:carlabbeling、きれいな車のラベル、CO2、削減リリース、ランキング、最高。

2006賞が「ガソリン」カテゴリーのトヨタプリウスハイブリッドを2 g / kmのCO104パフォーマンスで再び捧げる場合、小さなシトロエンシトロエンシトロエンC1 1.0 i、プジョー107 1.0、および、トヨタAYGO 1.0 VVT-i、ダイハツクオーレ、109 gCO2 / kmの排出レベル。

「ディーゼル」カテゴリーでは、賞品はシトロエンC2(107 g / km)より先にスマートフォーツーに贈られます。 11最高のCO10排出量を持つ2ディーゼルモデルでは、6はフランス語です。

2年に販売された自動車からのCO2005排出量の進化10 ADEME調査結果

1。 フランスで販売された車両からのCO2排出量は、1と比較して2005グラムで2004グラム減少し、152 gCO2 / kmの値に達しました。 ただし、ディーゼル車の排出量が149 gCO2 / kmで停滞している場合、ガソリン車の排出量は3グラム減少しています(162の2 gCO2004 / kmから159の2 gCO2005 / kmまで)。

また読みます: 環境に優しい運転のためのより良いタイヤ

2. 42年に販売された車両の2005%は、エネルギー/ CO2ラベルの「グリーン」クラスA、B、Cに属します。

3。 PSAは、フランスでの車両販売において平均2 gCO145 / kmで最高のCO2結果を持ち、146 gCO2 / kmでルノーがそれに続きます。

4.フランスで販売されるすべてのディーゼル車の平均消費量は、1年間で100 kmあたり10リットル減少しました(2005年の平均:5,6 l / 100 km)が、2年間安定しています。 この同じ期間に、ガソリン車の平均消費量は0,8リットル減少しました(2005年の平均:6,7リットル/ 100 km)。

5。 低い経済範囲(タイプClio、Twingo、107、206)では、販売されるディーゼル車の92%はグリーンクラスA、B、Cに属します。一方、ガソリン車の40%のみがこれらのカテゴリに分類されます。

6。 ディーゼル車は市場シェアの約70%を占め続けており、フランスでの精製への不安を引き起こしています。

7。 10で販売されている2005%のディーゼル車のみが標準のパーティクルフィルタを装備しています。 低C02のクラスBおよびCでは、それぞれ0,3%および4,6%の割合がさらに低くなります。

また読みます: 伝説のエンジン:Clerget 9B 130hp航空エンジン

8. 2005年には、低CO2排出量の小型ガソリンシティカーが登場しました。シトロエンC109 1 i、プジョー1.0 107 e、トヨタAYGO 1.0、ダイハツクオーレで1.0 g / km。 ガソリン車は現在、エネルギーラベルのクラスB売上の10%を占めています。

9. 2005年には、大型車(ミニバンと4×4)の販売が増加し、消費量が減りました。 特に、1007年にはミニスペース市場(モダスまたは50タイプ)が2005%増加しました。6,34年の4,15%と比較して、現在では売上の2004%を占めています。

10.フランスの4×4市場シェアは0,6%増加しました。 この増加の原因は次のとおりです。

  • 高級プレミアムクラスの1,1%の市場損失(例:BMW 4シリーズ、megane、Peugeot 4などの大型セダンの代わりに5X5 BMW X307を購入);
  • 下位の中間層の市場の損失、より小さなトヨタRav 4スタイル4×4がセダン型車に取って代わる。
    ADEME-FIFBの調査によると、4X4所有者の3分の2は、従来の用途で毎日使用しています。
  • また読みます: BlueCar電気自動車とBatSCaps

    1999年94月2002日の欧州指令1508/23 / ECおよび政令No. 2002-2006に従い、ADEME(Environment and Energy Management Agency)は2年の消費ガイドを発行しています。フランスで販売されている新しい乗用車からの従来型および二酸化炭素(COXNUMX)排出。

    続きを読みます

    - 車の異なるヨーロッパのラベル
    - CO2排出量の少ない車両を購入するインセンティブ
    - 新車のユーロ基準
    - フランスの自家用車



    ソース:Ademe.fr

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *