ヴィトリーシュルオルヌ、プレスレビューのタウンホールでGillierのパントンアセンブリ


この記事を友達とシェア:

Vitry-sur-Orne市庁舎による注水を伴うCitroënC15エンジンのプレスレビュー

イントロダクションと背景

31は、昨年5月に開催されました ヴィトリーシュルオルヌの市長記者会見Pantone反応器による水ドーピング.

実際、市長のLuc Corradi氏(また総評議員)は、車両汚染を削減するための「公式な」解決策は存在しないか高値であると考えています。 共同車の1台に水をドープすることを決めた.

この非常に美しい変換(実現されているすべてのドーピングの中で最も美しい変換の1つ)は、Alexandre Gregoire deによって行われました。 アングルストーンの協会。 それはに基づいています 蒸気発生器 その最初のアイデアはMichel(別名Camel1)によって開発されました。 サイト.



Christophe Martz、econologie.comの管理者、 プロセスを説明するさまざまな方法を呼び起こすためにこの会議の準備と詳細に参加するように心から招待されました。

結果は魅力的ではありません(水ドーピングの開発を妨げる人々のために):

- 36から8,25 L / 5,28 kmまでの100%消費電力
- 黒煙が82%以上少ない(不透明度テスト)

これはすべて750€以下の場合です(プロトタイプですが)...この図は、パティキュレートフィルターおよび高圧ディーゼル噴射の開発コストと比較するものです。 また、 水のドーピングが現代のエンジンに等しく効果的ではないという証拠はありません...

それらが出版されるか、または出版されるとすぐに、様々な報道とメディアの報道は提示されるでしょう、ここにそれらのいくつかがあります。

この会議の組織に貢献してくれた様々な人々(Aurélie、Alexandre)と同様に、Vitry-sur-Orne市長のLuc Corradi氏にも、彼の生態学的方針と水ドーピングへの取り組みをお祝いしたいと思います。 、ジェローム...)この決定がのためのアイデアの源になることを願って 他のタウンホールとそのVitry-Sur-OrneはPantoneになります。純粋な植物油のためのLot of Villeuneuveコミューンのコミュニティです。

繰り返しになりますが、おめでとうございます。

プレスレビュー(クリックすると拡大します)

a) LOR'FMのラジオレポート



b)10のFriend Weeklyに6月に掲載された二重の記事2007


プレスパントンヴィットリーFriend Hebdo


プレスパントンヴィットリーFriend Hebdo

c)6月のルクセンブルクの声のジャーナル5


ジリエパントンルクセンブルクの声

d)7 6月の週のジャーナル2007


今週のVitryパントンプレス

e)共和党ジャーナルロレインページ地域1er 6月2007

ゴシップ紙新聞ジャーナルRépublicainLorrain

f)共和国ジャーナルLorrainローカルページ2 6月2007


ロレーヌ共和国のパントンプレス

続きを読みます

上の議論 forums
市庁舎でのこのパントンのモンタージュについてのニュース
注水でC3を提示するFR15ロレーヌのビデオ
オフィシャルプレスキットをダウンロードする
Vitry記者会見で forums

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *