ヴィトリーシュルオルヌ、プレスレビューのタウンホールでGillierのパントンアセンブリ

Vitry-sur-Orne市による水噴射付きCitroënC15エンジンのプレスレビュー

イントロダクションと背景

31は、昨年5月に開催されました ヴィトリーシュルオルヌの市長記者会見Pantoneリアクターによる水ドーピング.

確かに、市長のLuc Corradi氏(また総評議員)は、車両の汚染を減らすための「公式の」解決策は存在しないか、高すぎると考えています。 市営車両のXNUMXつに水ドーピングを装備することにしました.

この非常に美しい変換(実現されているすべてのドーピングの中で最も美しい変換の1つ)は、Alexandre Gregoire deによって行われました。 ピエールアングレア協会。 それはに基づいています 蒸気発生器 その最初のアイデアはMichel(別名Camel1)によって開発されました。 サイト.

econologie.comのウェブマスター、クリストフ・マーツ、 プロセスを説明するさまざまな方法を議論するために、この会議の準備と開発に参加するよう心から招待されました。

また読みます:  エンジンの水ドーピングに関するクリストフ・マーツへのインタビュー

結果は最終的なものです(水ドーピングの開発をブロックする人にとって):

-燃料消費量が36%削減、8,25〜5,28 L / 100 km
-黒煙が82%以上少ない(不透明度テスト)

これらすべてが750ユーロ未満で(プロトタイプに関するものですが)…この数字は、粒子フィルターと高圧ディーゼル噴射の開発コストと比較されます。 さらに、 水をドープしても最新のエンジンで同等に効果がないという証拠はありません...

それらが出版されるか、または出版されるとすぐに、様々な報道とメディアの報道は提示されるでしょう、ここにそれらのいくつかがあります。

Vitry-sur-Orne市長のLucCorradi氏の生態学的政策と水ドーピングへの取り組み、そしてこの会議の開催に貢献したさまざまな人々(Aurélie、Alexandre 、Jérome...)この決定が 他の市庁舎とそのVitry-Sur-Orneは、Villeuneuve sur Lotの自治体が純粋な植物油のためのものであるように、Pantoneのためになります!

また読みます:  トヨタハイラックス2L4

繰り返しになりますが、おめでとうございます。

プレスレビュー(クリックすると拡大します)

a) LOR'FMに関する小さなラジオレポート

b)10年2007月XNUMX日のl'AmiHebdoに掲載された二重記事


プレスパントンヴィットリーFriend Hebdo


プレスパントンヴィットリーFriend Hebdo

c)6月のルクセンブルクの声のジャーナル5


ジリエパントンルクセンブルクの声

d)7 6月の週のジャーナル2007


今週のVitryパントンプレス

e)共和党ジャーナルロレインページ地域1er 6月2007

ゴシップ紙新聞ジャーナルRépublicainLorrain

f)共和国ジャーナルLorrainローカルページ2 6月2007


ロレーヌ共和国のパントンプレス

続きを読みます

上の議論 forums
市庁舎でのこのパントンのモンタージュについてのニュース
C3に水を注入して提示するFR15ロレーヌのビデオ
オフィシャルプレスキットをダウンロードする
Vitry記者会見で forums

また読みます:  水ドーピングルノースーパー5

「VitrysurOrneの市庁舎でのGillierPantone編集、プレスレビュー」に関する3つのコメント

  1. ボンジュール、

    航空宇宙産業の私の同僚の多くは、エンジンが機能していないと考えています。 私はそれがうまくいくことを彼らに説得しようとしますが、よく行われ、よく説明された客観的なエッセイ(例えば科学出版物)を除いて、私は彼らを説得することはあまりありません。
    私は探しています forum しかし、見つかりません:パントンシステムが実際に機能し、それに起因する結果を生成することを単に示す決定的な比較実験室テスト。
    このトピックは現在、ほぼ20年の歴史があります forums 理論的には、決定的なテストレポートが多数あるはずです。ラボでの測定であり、可能であればダブルブラインドでの感覚ではないため、測定する人は、影響を受けないパントンエンジン、消費、汚染がわかりません。事前に固定された長期間、等出力とトルクで…。

    クリストフ・マーツによる興味深い報告が確かにありますが、それは偏見に満ちています(記事でよく説明されています http://quelfutur.org/archive/moteurpantone.html)レポート全体に疑問を投げかけます。
    私が見つけることができたまれな報告は、プラセボ効果、効果なし、または洗練されるべき設定で結論を下します。 Vitry sur Ornesの市庁舎でのテストの場合、これは結果の証言にすぎず、客観的に測定されたラボテストではありません。 それは12年前にさかのぼり、他の試みや散在する科学出版物が続いているようには見えません。

    エッセイへのリンクはどこかにありますか?

    礼拝

    「なぜ機能するのか」と「どのように機能するのか」については多くの計画と説明がありますが、「実際に機能するのか」については決してありません。 「」

    1. 、ダミアンこんにちは

      はい、ほぼ20年...それ以来、油と粒子がトンネルの下を流れてきました!

      水注入については、このBMW特許を参照してください https://www.econologie.com/brevets-bmw-injection-eau-analyses/ すでに5年前に水注入について公に通信した唯一のメーカー…それは20より良いです!

      私はクリストフ・マーツです。「バイアスに満ちている」ことを説明してください...私はワークショップの空気よりもクリーンなエンジン出力空気(ppmおよびHC)を測定しました。 https://www.econologie.com/mesures-depollution-moteur-pantone/ 非常に注目に値することですが、明らかにこれはメーカーの関心を引くにはまだ十分ではありません...

      真心を込めて

  2. ボンジュール、
    私が言及するバイアスは、記事によって非常によく説明されています http://quelfutur.org/archive/moteurpantone.html
    たとえば、真剣な研究に基づいたコントロールチューブと同等の「変更なしの元のエンジン」との比較の欠如。 または、パントンシステムの排気ガス中の酸素の量。これは異常に希薄な燃焼を示唆しています。 しかし、私は以前の投稿でこの記事をすでに示していました。
    BMWの特許に関して:特許を申請することは、詳細な技術が機能することを意味するものではありません(たとえば、コールドフュージョン。独占磁石は米国でも特許を取得しています…)。 それは何か他のものの保護戦略を意味する可能性があるので、それがマシンにインストールされるように作られているという意味でもありません。 最後に、これらの産業グループでは体系的な特許出願が奨励されています。 したがって、これらの特許の提出は、製造業者が関心を持っているという兆候ではありません。 一方で、とりわけ科学的な出版物がないことは、科学的根拠の観点から明らかに悪い兆候です。 だから20年間。
    礼拝

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *