自動ボイラー室と木材熱ネットワーク

Le サロン forum マルベジョルの森 ロゼールで自動wood暖房ネットワークを紹介

Forum Bois 2010の出展者であるClaude De Sousaへのインタビュー:暖房ネットワークとAumont-Aubracのユニークな供給プラットフォーム

数ヶ月前に委託された、オーモン・オーブラックのSARL Tec ENRの自動woodボイラーは、埋設暖房ネットワーク、SAGémarinの建物、ガイヤードロンディーノの会社、多目的室、コミューンコミュニティのオフィス、憲兵隊、XNUMXつの主要な住居。

設置を実施した配管加熱エンジニアのクロード・デ・ソウサ氏とこのプロジェクトの実施に戻りましょう。

CCI:このプロジェクトの背後には何がありますか?

C.DS:このプロジェクトは、Gemarin社とGaillard-Rondino社のワークショップと管理施設の暖房システムを修復するためのリクエストを受けて生まれました。 彼らは再生可能エネルギー暖房システムを望んでいました。 そこで私は彼らに一般的な木材ボイラーを提供しました。したがって、木材廃棄物を燃料として使用する暖房ネットワークを備えた中央ボイラーを作成するというアイデアです。

プロジェクトが選出された公務員の関心を喚起したのは、工事の道路許可を求めることでした。 その後、コミュニティをプロジェクトに統合することで、別の次元を取りました。

また読みます: 黒フォルダ再生可能エネルギー

CCI:2009に設置した熱ネットワークについて簡単に説明してください。

C.DS:暖房ネットワークは、木材乾燥機に供給する非常に高温の部分と、接続された建物に暖房を供給するためのXNUMX番目の部分のXNUMXつの部分に分かれています。

CCI:このボイラーハウスはどのような力を発揮しますか? 現在、フルスピードで動作していますか?

C.DS:憲兵隊はまだ接続されていないため、木材ボイラーと1 MWの電力は、現在までに容量の80%で稼働しています。 後者が接続されるとすぐに、フルパワーで動作します。

CCI:供給はどのように編成されていますか?

C.DS:Gaillard-Rondino社とHermabessière社による木材の供給と供給。 ボイラー室の近くに供給プラットフォームが作成されました。 それは、設置を最適化するために乾燥した高品質の燃料を供給する貯蔵庫と、砕く準備のできた木材の貯蔵を可能にする舗装区域で構成されています。 プラットフォームは、1500 m2の太陽光発電パネルでも覆われています。

また読みます: 戸建て住宅の熱収支

CCI:原材料の供給が中断するリスクはありますか?

C.DS:いいえ。ボイラー室のニーズは年間1000トンであるのに対し、エルマベシエールとガイラードロンディーノの会社はそれぞれ3000トンと6000トンの木材残渣とスクラップを生産しているためです。 別の製材所もプラットフォームを提供しています。これはSarl BDL de Serveretteです。 そのため、まだ未開発の生産の可能性があります。

CCI:供給プラットフォームは、森林チップを販売するという使命を持つことができますか?

C.DS:もちろん、これはすでに事実です。 このプラットフォームは現在、(設置されているボイラー室のニーズに加えて)3000トンの木片を生産しています。 これらの3000トンは、Bois l'énergiede la Canourgue社によって粉砕され、そのマネージャーはRégisClavel氏です。 ウェーハはキャリブレーションされ、乾燥され、除塵され、小さなボイラー室を持つ個人に販売できる燃料を得ることができます。

また読みます: ダウンロード:Ytong Multipor、アプリケーションのヒント、セラーと天井への設置

CCI:そのようなプロジェクトを実施するために直面​​する必要のある困難は何ですか? 利点は何ですか?

C.DS:主な困難は、質の高いエネルギー資源の供給です。 また、ボイラー室と加熱された建物の間に近接性があることも不可欠です。 利点は、長期的なエネルギーコストの安定性と、自動woodボイラー室のプロジェクトを実現するための財政援助の存在です。

CCI:それで、あなたは公開競技の恩恵を受けました。 彼らは何ですか?

C.DS:地方自治体(ヨーロッパ、州、ラングドックルシヨン地域)からの資金援助を受けました。

CCI:最後に、この成果は他の場所に譲渡できますか?

C.DS:もちろんです。 この規模のプロジェクトでは、実現可能性調査が引き続き強く推奨されます。これは、実現が必要であるかどうか、特に潜在的なクライアントに利益をもたらすかどうかを示します。

詳細: 居間 forum マルベジョルの森 またはをご覧ください forum 暖房と断熱

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *