1973での1984オイルの流れ

1973年から2004年までの石油の流れと交換。

キーワード:地図、エネルギー、石油、タンカー、流れ、船、量、出所、パイプライン、石油パイプライン、中東、ヨーロッパ、アメリカ、アメリカ

ここに、過去30年間の石油の流れの進化を示すいくつかの地図があります。 カードごとに簡単な分析を行います。 マップを単純に観察することで、より正確な分析を行うことができます。

1)1973年の状況

a)カード


クリックすると拡大します

b)分析

数百万トンおよび%の生産の分布:
-中東:989(63,26%)
-西アフリカ:106(6,78%)
-北アフリカ:163(10,43%)
-ラテンアメリカ:187,5(12%)
-インドネシア:69(4,41%)
-ソ連:49(3,13%)

合計:1563,5日あたり12百万トンまたは311百万バレルまたは33万バレル。

1973年、世界、特にヨーロッパが中東に依存することは、北米を除いてほぼ完全でした。

また読みます: 代替燃料

実際、アラブ原油の米国およびカナダへの輸入が非常に少ないことに驚かれることでしょう(20万トンまたは輸入の7,3%)。 国民の生産は、それでも、アメリカの需要を補うためでした。

米国が最も依存している地域は、中南米です(輸入の57%)。 これはおそらく、これらの国でこれらの数十年の間にアメリカ政府によって与えられた強い意味と手をおそらく説明します。

また、スエズ運河は石油輸送に対して開放されておらず、正当な理由があることに注意する必要があります。 「1967年の1975日間戦争の後、運河は1974年まで閉鎖されたままで、国連平和維持軍はXNUMX年までそこに残っていました。」

2)1984年の状況

a)カード


クリックすると拡大します

また読みます: フランス憲章

b)分析

数百万トンおよび%の生産の分布:
-中東:489(42,26%)
-西アフリカ:83(7,22%)
-北アフリカ:114(10%)
-ラテンアメリカ:202(17,57%)
-インドネシア:79(6,87%)
-ソ連:126(10,96%)
-西ヨーロッパ:42(3,65%)
-中国:15(1,3%)

合計:1150日あたり9055百万トンまたは24,8百万バレルまたはXNUMX万バレル。

1973年から1984年の間に、世界の生産量は約25%減少しました。 これは、価格の急騰に直接リンクしています。 石油価格の歴史をご覧ください。

中東からの輸出は50%以上減少し、正当な理由により、OPECとその割り当ての作成、イランの危機、そして何よりも石油コストの増加がありました。

この事実とは別に、世界の生産に顕著な変化はありません。 北海と中国の3つの新しい生産エリアが登場します。 奇妙なことに、北海はその生産量の4/1973を北米に輸出しており、これはXNUMX年と同じようにアラブの石油から独立しています。

また読みます: 都市汚染と大気汚染物質

1998年、2001年、2004年の世界の石油の流れ

詳細とソース:
- エネルギー、地政学、石油フォーラム
-世界の石油市場と消費
- Sciences Poマッピングサイト
- Sience Po地図データベース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *